トップへ » あき歯科の治療ポリシー » 審美歯科 » 【当院の審美歯科治療の特徴】セレック3Dの導入

【当院の審美歯科治療の特徴】セレック3Dの導入

セレック3D●天然の歯のような自然な色合い
●気になる銀歯を白い歯に
●短期間(最短1日)で審美治療ができる
●従来よりも安価な審美治療を実現

セレック3Dとは、高性能の3Dを利用したCAD/CAMシステムにより、セラミックの義歯をつくるシステムです。

天然歯に限りなく近い審美的な色、質感を持つ新セラミックブロックを使用し、高精度3Dコンピューターにより、院内にて義歯を設計・加工します。

患部の歯型を採り、石膏模型から歯科技工士に依頼する手順を短縮できるため、短い時間(最短1日)で、従来の方法よりも安価に義歯をつくれるようになりました。

セレック治療の流れ
●Step1 3D カメラで口腔内を撮影
虫歯治療の場合には、歯の悪い部分を削った後に、先進の3D光学カメラにより患部を撮影(スキャン)します。わずか数秒で、患部の歯列が目の前のモニター上に再現されます。
※症例によっては従来の型取りを必要とする場合がございます。
下へ

●Step 2 修復物の設計
コンピューターの3D画面上であらゆる角度から分析し、歯の咬み合わせや形を微調整しながら、理想的な形の義歯を設計。設計後、さまざまな色のセラミックブロックから、患者さんの歯に最も合う色のブロックを選びます。
下へ

セレック3D●step3 修復物の作製
ミリングマシンと呼ばれる機械が、コンピューターで設計されたデータをもとにセラミックブロックを削り出し、精度に優れた修復物を加工・作製していきます。
下へ

●step4 セラミック歯を口内へ
削りだされたセラミック歯を用いて治療を行います。10年間で90%以上の残存率を誇る最先端の接着方法を用いるので安心です。これですべての治療が完了となります。

 
セレック3Dに関してのよくある質問
セレックとは何ですか?
セレックの強度は大丈夫ですか?
治療期間はどれくらいかかりますか?
虫歯になりませんか?
歯は金属と同じように硬い方が丈夫で良いのですか?
自然な仕上がりになりますか?

セレックについて詳しく知る


トップへ » あき歯科の治療ポリシー » 審美歯科 » 【当院の審美歯科治療の特徴】セレック3Dの導入


コールバック予約