トップへ » あき歯科の治療ポリシー » 審美歯科 » 知っていますか?「金属アレルギー」の話

知っていますか?「金属アレルギー」の話

「歯科治療を受けてから、体調がどうもすぐれない」
「もともと治りにくい口内炎や皮膚トラブルがある」
「ネックレスや指輪などの金属製品でかぶれやすい」

こんな症状でお悩みの方はいらっしゃいませんか?ある金属が肌に触れることで、症状を発症する金属アレルギー。近年、お口の中に装着している義歯や詰め物など、歯科で使用される金属が原因となり、顔・全身にアレルギー症状を発症する方が増えています。

どんな症状がでるの?
金属アレルギーの症状としてはアトピー性皮膚炎のような皮膚疾患、手のひらや足の裏が赤くジュクジュクする、またはカサカサしたり小さなブツブツができる掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などがあります。

どうやって調べるの?
指輪、ピアス、ネックレス、腕時計などを着けているその部位にアレルギー反応がでるとすぐに分かりますが、 お口の金属アレルギー反応は身体のどこにでるか分かりません。 金属アレルギーかどうか、どのような金属にアレルギーがあるのかはパッチテストで調べます。パッチテストとは大きな絆創膏に金属の試薬をしみこませた物を背中などに貼り、その反応を調べる方法です。

陽性反応がでた場合はどうすればいいの?
金属アレルギーテスト(パッチテスト)で陽性反応がでた場合は問題の金属をお口の中から除去し、アレルギーを起さない材質でセラミックの詰め物・かぶせ物を入れることで改善が可能です。アレルギーが疑われる方は、ぜひご相談ください。


トップへ » あき歯科の治療ポリシー » 審美歯科 » 知っていますか?「金属アレルギー」の話


コールバック予約