トップへ » あき歯科の治療ポリシー » 顎関節症治療 » 口が開かなくなったらすぐ受診を

口が開かなくなったらすぐ受診を

顎関節症痛みや違和感が少ないケースでは、顎関節症をそのまま放置してしまう患者さんもいらっしゃいます。ですが、悪化しますと口が開かなくなってしまうこともある怖い病気です。

ケースにもよりますが、口が開きづらくなってから1カ月~2カ月放置してしまうと、手術が必要になることもあります。顎関節を構成する関節頭が吸収して変形する事も多くのケースで見られます。当院では、顎関節の症状が出た場合には、一度受診していただくことをお勧めしています。

顎間接


トップへ » あき歯科の治療ポリシー » 顎関節症治療 » 口が開かなくなったらすぐ受診を


コールバック予約