2012年1月18日 « トップへ » 2012年8月29日

2012年7月10日

【ヨーロッパ基準 Bクラス 高圧蒸気滅菌器 リサ導入しました】


ヨーロッパ基準 Bクラス 滅菌器 リサ導入しました。


当医院では「リサ(Lisa)・クラスBオートクレーブ」という滅菌器を使用しております。

「リサ(Lisa)・クラスBオートクレーブ」は、小型 高圧蒸気滅菌器におけるヨーロッパ基準(EN13060)に準拠した 「あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができる」滅菌器です。 滅菌前に行うプリバキュームと滅菌後のパルス乾燥により、被滅菌物の細部にわたるまで高レベルの滅菌が可能になりました。

「もし自分が治療される立場だったら・・」私達は常にこのことを考え治療にあたっています。

当たり前のことを当たり前に・・

院内感染を防止するため、タービンを始めとした、お口の中に入る全ての治療器具を患者様ごとに、小型高圧蒸気滅菌器「オートクレーブ」にかけて滅菌処理を施しています。 ある調査結果では、患者様ごとにタービンをオートクレーブにかけて滅菌している医院は約10%にすぎないという結果がでています。

タービンを滅菌するか、しないかが その医院の衛生状態、清潔さを計る指標になります。


リサ-2.jpg



2012年1月18日 « トップへ » 2012年8月29日


コールバック予約