医院ブログ

2012.07.28更新

昔の治療と現在の治療 その2


昨日の続きです。
前歯の裏側を見てみましょう。
金属が舌側を覆っています。


上前歯4本セラミック4.jpg

 

オールセラミッククラウンは裏側まで白くなります。
金属を使用しない(メタルフリー)クラウンの利点です。
技術の進歩により素材の強度が増したために安心して使用できます。


上前歯4本セラミック5.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2012.07.27更新

昔の治療と現在の治療


20年以上前に前歯4本を治療しました。
年数が経ち変色してきました。
その当時は被せる金属の表面にセラミックやレジン(歯科用樹脂)をコーティングしていました。


上前歯4本セラミック1.jpg

 

現在は金属は使用せずセラミックやジルコニアなどの無機質な素材を使用します。
理由は自然で美しい透明感のある白さを再現できるからです。

 

上前歯4本セラミック2.jpg


明日はこの歯の裏側を見てみましょう。


12-8-21-1.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2012.07.25更新

虫歯で黒くなった歯をセラミッククラウンの白い歯に


下顎の前歯は通常良く見えるところです。
その前歯が虫歯で根元が黒くなりました。
根元がぐるりと全周 墨のような黒さです。

 

下前歯2本セラミック1.jpg

 

オールセラミッククラウンで真っ白にしました。
根元が黒く暗い感じにならないように明るい白さを心掛けました。
満足していただける状態に回復できました。
これなら大きな口を開けて笑っても大丈夫です。


下前歯2本セラミック2.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2012.07.24更新

銀歯が取れたのでセラミックの白い歯に変更しました

 
上顎の第一小臼歯の銀歯が取れました。
長年気になっていたところです。
銀色の歯が目立つので大きなお口で笑えなかったそうです。
今回は迷わず自然な感じの白いきれいなセラミックの歯にしました。

 

銀歯が取れたので白い歯に1.jpg

 


銀歯が取れたので白い歯に2.jpg

 

セラミッククラウンの利点は無機質なので汚れが付着しないのと長期間変色しないことです。


銀歯が取れたので白い歯に3.jpg

 

 


銀歯が取れたので白い歯に4.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2012.07.23更新

歯周病など全く関係ない健康的な65才の方の歯ぐきです

 


健康的な歯ぐきはピンク色で引き締まっていてゴムのような弾力があります。
熟れたトマトのようにブヨブヨしていません。
抵抗力があり歯周病菌を寄せ付けません。

 

65才の歯ぐき1.jpg

 

歯ぐきは若々しさを保っています。
歯ぐきの年齢は20才代といっても過言ではないと思います。

歯冠は年相応に磨り減って咬耗しています。
咬耗の程度から年齢がある程度推測できます。

 


65才の歯ぐき2.jpg

 

 

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2012.07.21更新

ハイブリッドな白い歯

 

白い歯を再現するための素材はセラミック(ガラス、陶材)やレジン(プラスチック)などがあります。
両方の長所を引き出すためにハイブリッド化された新素材が常に進化しながら開発されています。
ハイブリッドのような複合素材は今後益々使い勝手がよくなると予想されます。
金属は強度の面では良いのですがお口の中で黒く見える事やアレルギーの原因になるなど問題があります。


3Mラヴァー1.jpg

 

明るい きれいな 白い歯が再現できました。
硬い材質なので耐久性も問題ありません。


3Mラヴァー2.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2012.07.20更新

虫歯や歯の欠損による咬合崩壊をインプラントで治療 パート2


虫歯で前歯や奥歯が何本か欠損しています。
その結果歯並びが凸凹していて見た目が気になるとの事で来院されました。
入れ歯も煩わしいので外している事が多いとの事です。

 

虫歯欠損咬合崩壊インプラント治療前正面.jpg

 

前歯はセラミッククラウンを被せました。
奥歯はインプラントで咬合を回復しました。


虫歯欠損咬合崩壊インプラント治療後正面.jpg

 

入れ歯の煩わしさから開放されました。
何よりも健康的で何でも良く咬めます。
審美的にも十分満足されました。

3Mラヴァ-3.jpg

 

 

12-8-30-0.jpg

 

 

 

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2012.07.18更新

虫歯や歯の欠損による咬合崩壊をインプラントで治療


歯を失ってから今までの長期にわたり義歯を使用してきました。
義歯の不便さ、わずらわしさ、咬めない、上手く喋れない、見た目の不自然などの様々な困難を長い間 我慢してきました。
時間をかけて慎重に義歯を作ってみても満足のできる義歯は難しいのです。
それは義歯そのものが 取りはずすこと、 歯ぐきに負担、 残存歯にバネをかけるなどの構造的な問題があるためです。
 

上の前歯と奥歯が欠陥しています。


虫歯と欠損で咬合崩壊をインプラントで治療前上.jpg


下の奥歯が欠損しています。
このかみ合わせでは前歯の一部分でしか咬んでいません。
良く咬んで食べないと胃腸に負担がかかります。


虫歯欠損咬合崩壊インプラント治療前下.jpg

 

見た目の美しさ、自然な会話、食事の楽しさなどの様々な機能の回復ができました。


虫歯欠損咬合崩壊インプラント治療後上.jpg


大きなお口で笑っても大丈夫です。
義歯ではそうはいきません。
大切な人生を楽しく過ごせそうですね。


虫歯欠損咬合崩壊インプラント治療後下.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2012.07.17更新

前歯の先端が欠けて来院、即日治療


前歯をぶつけてしまいました。
先端が欠けて慌てて来院されました。
幸いにもレントゲンでは歯根や歯髄には異常が認められず歯冠の一部分の破折だけでした。

 

前歯先端が欠けて来院、即日治療1.jpg

 

見た目だけではなく歯髄への影響も配慮して修復します。
しばらくは咬まないように安静にしたほうが良いと思われます。
この歯でアイスキャンデーやおせんべいを食べるのをとうぶんの間 控えてもらいます。


前歯先端が欠けて来院、即日治療2.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2012.07.14更新

顎関節症併発の上顎の片側の欠損をインプラントで治療

 

長い間義歯を使用していた方です。
義歯を入れていても義歯では上手く咬めません。
どうしても自分の歯があるほうで咬んでしまいます。
気づかないうちに顎関節がずれてきます。
結果、開口障害(開きづらくなったり、痛くて開けられなくなる)、関節雑音(顎を動かした時変な音がする)、耳鳴り、めまいなどの様々な症状がでてきます。


2012,7,15.jpg


左右対称に同じ力で咬むことが大切です。
下顎骨は上顎骨にブランコのようにぶらさがっています。
どちらか一方でしか良く咬めないというはブランコの左右のロープの長さが違うという事です。
この状態のブランコは上手く漕げません。
この状態の咬合は上手く咬めません。


上義歯&インプラント3.jpg

 

インプラントが咬合力を受け止めてくれます。
左右対称に良く咬めます。
義歯のわずらわしさから開放されてスッキリしました。
会話も食事も快適です。
顎関節症も改善されました。


上義歯&インプラント4.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

前へ

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、高津区野川、宮前区にあるあき歯科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 044-751-0118
    bottom_img.png
  • WEBからの予約はこちら 24時間WEB予約