医院ブログ

2014.11.19更新

セラミッククラウンの破折


40代の女性です。
約9年前に治療したセラミッククラウンが破折しました。
縦にまっすぐ亀裂が入っています。
日常の生活でこのように破折する事は稀です。
なんらかの力が加わった結果です。
食事中に弾みでスプーンがカチンと当ったらしいということですが。

 


セラミッククラウンの破折1.jpg

 


直ちに作り直しました。
9年前と比べると全ての分野で進化、発展しています。
セラミックなどのマテリアル(素材)もその通りです。
色調・透明性・強度など改善されています。

 

 

セラミッククラウンの破折2.jpg

 


今度は10年以上もってほしいです。
絶対的大丈夫だとはいいきれませんが恐らく大丈夫です。

 

 

セラミッククラウンの破折3.jpg

 

 

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2014.10.03更新

右上の前歯から小臼歯までをインプラントで修復


70才の男性です。
右上が前歯から小臼歯にかけて歯が欠損しています。
義歯を使用していたのですが不便、不自由、バネが見える不自然さが
気になりこれらの事を改善するためインプラントブリッジを入れる事になりました。


右上1,3,5インプラント術前咬合面.jpg

 

3本のインプラントを埋入しました。
ブリッジを支えるために必要な本数を適切な部位に埋入しました。

 

右上1,3,5インプラント術後全体セット前.jpg

 


右上1,3,5インプラント術後セット前拡大.jpg

 


右上1,3,5インプラント術後セット後拡大.jpg

 

ネジで固定するタイプが最新の治療法です。
ネジ穴は目立たないように、咬み合せに支障がないように塞ぎますので心配いりません。
ネジ式にするメリットはいちに清潔、清掃性で、定期的に取り外してメンテナンスができます。

 

 

 


上顎義歯をインプラントに8.jpg

 

 

 

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2014.08.19更新

全ての歯を白くきれいにしたいー下顎編


30代の女性です。
お口を開けたとたんに黒い着色と銀歯が見えます。
これでは、お話するのもちょっと、まして笑う時は気が引けます。

 

全て白くきれいにしたい、、下顎編1.jpg


全ての歯を白くきれいにしたいという要望でした。
金属の詰め物、被せ物はセラミック系で白くしました。


全て白くきれいにしたい、、下顎編2.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2014.08.04更新

歯の着色の原因はエナメル質形成不全


10代の男子です。
上顎第一小臼歯の側面が茶色く変色しています。
虫歯で変色したのではなく生まれつきのものです。
エナメル質形成不全というものです。
歯が形成される過程において何らかの原因で(原因ははっきりしませんが)エナメル質の
形成に障害が起きたために生じると考えられています。


エナメル質形成不全上顎第一小臼歯、、、1.jpg


犬歯の隣の歯で着色は目立ちます。
変色部分を一部削り硬質コンポジットレジンというもので表面をカバーしました。
これなら大きな口を開けて笑っても大丈夫です。


エナメル質形成不全上顎第一小臼歯、、、2.jpg

 

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2014.08.04更新

セラミックで美しく自然な白さに


50代女性です。
上顎第一大臼歯に金属のクラウンが被せてありました。
除去後の状態です。

 

左上第一大臼歯E=MAX、、1.jpg


セラミッククラウン(商品名:E-MAX)を被せました。
このE-MAXクラウンは360Mbという強度があり、ちょうどエナメル質と同程度の硬さです。


左上第一大臼歯E=MAX、、2.jpg

 


左上第一大臼歯E=MAX、、3.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2014.07.08更新

虫歯による下顎第一小臼歯の歯冠破折


 70才の女性です。
虫歯により歯冠部分が破折して根っこだけが残っています。
幸いにも土台を構築していけるだけの歯質が歯根部分に残っていました。


ジルコニア・歯冠破折・第一小臼歯1.jpg

 

修復完了です。
クラウンの材質はジルコニアを使用しました。

 

ジルコニア・歯冠破折・第一小臼歯2.jpg

 

 

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2014.06.25更新

左上の前歯のすき間が気になる


20代の男性です。
左上の前歯のすき間が気になって来院されました。
すき間を無くす方法はいろいろありますが
●短期間で
●歯を削らずに
という条件を考慮して ラミネートベニアで治療を行う事になりました。

ラミネートベニア法とはセラミックをコンタクトレンズのように薄く削り歯の表面に接着する治療法です。
この方法は歯を削らずに短期間で歯の形態・色調を整える事ができます。
まれに罹患した歯質や変色した部分を削り取る事もありますがそれも表面の一部です。

 

 

左上2番ラミネートベニア1.jpg

 

 

左上2番ラミネートベニア2.jpg

 

 

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2014.04.12更新

虫歯で歯冠が大きく崩壊した大臼歯の修復


被せていた金属冠が取れてしまいました。
内部深くまで虫歯に侵されていました。


欠損の著しい大臼歯をE-max1.jpg


罹患歯質を除去した後、欠損部分はファイバーコアー(ガラス繊維を含んだプラスチックでできた土台)で形を整えます。


欠損の著しい大臼歯をE-max2.jpg

 

セラミック冠を被せました。
第一大臼歯の奥歯でそれ程見えない部位ですが自然な感じの色合いにしました。


欠損の著しい大臼歯をE-max3.jpg


セラミック材料の透明感があり、自然な白さが再現できました。
表面が滑沢なため汚れ・プラークが付着しにくいのも特徴です。
強度はエナメル質に匹敵するため割れたり、欠ける心配はほとんどありません。

 

欠損の著しい大臼歯をE-Max4.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2014.03.08更新

ジルコニア素材のブリッジ その2


ジルコニアとは?ジルコニウムの酸化物でZrO2の化学式で表されます。
金属のジルコニウムが酸化した白いセラミックです。
生体親和性が高く近年注目されている新素材です。

●単結晶構造  人工ダイアモンドと呼ばれて広く宝飾品に使用されています。
●多結晶構造  耐火物や研磨材、ファインセラミックとして使用されています。

このファインセラミックの塊(ブロック)からCAD/CAMの機械で
削りだしてクラウンブリッジを作製します。

 

上顎前歯ジルコニアBr70代4.jpg

 

裏側も白く自然な美しさです。


上顎前歯ジルコニアBr70代5.jpg

 

 

 

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2014.03.07更新

ジルコニア素材のブリッジ

 

70代の男性です。
長年機能していた上顎前歯のブリッジが外れてしまいました。
約20年前に作ったメタルボンド(金属にセラミック・陶材を焼き付ける作成法)のブリッジでした。

 

上顎前歯ジルコニアbr70代1.jpg

 

20年間使用してきたブリッジに感謝しつつ、これから入れるブリッジにも興味を示して、
最新の技術で作ったブリッジを望まれました。
これからはメタルフリーな(金属を使用しない)方向に向かいます。

金属アレルギーが無い。
生体親和性がある。
強度が優れている。
美しい色調。

セラミックの特徴を並べてみました。
現在、セラミックは多品種、多種類の製品があります。
その多くの中でジルコニアの特に優れた点は強度です。

 

上顎前歯ジルコニアBr70代2.jpg

 


その強度を生かしたジルコニアブリッジを装着しました。
強度と美しさを兼ね備えた優れたブリッジです。


上顎前歯ジルコニアBr70代男性3.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

前へ

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、高津区野川、宮前区にあるあき歯科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 044-751-0118
    bottom_img.png
  • WEBからの予約はこちら 24時間WEB予約