医院ブログ

2013.12.18更新

前歯のすき間をセラミックベニアで修復


上顎前歯です。
もとから歯の間にはすき間がありましたが
虫歯が進んで欠けた為にさらに広がってしまったそうです。
みっともないので早く治してほしいと来院されました。

相談の結果、セラミックラミネートベニアで修復する事になりました。
セラミックを薄く削り歯の表面に接着します。
虫歯以外は余分には削りませんので歯質を保護します。
無痛で、しかも短期間で治療可能です。

 

前歯のすき間をセラミックベニア1.jpg

 

 

セラミックの透明さで自然の美しさを表現する事ができました。

 

前歯のすき間をセラミックベニア2.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.12.11更新

上の前歯の先端のエナメル質切痕

 

小学校高学年の女子です。
定期検診で来院されました。
エナメル質表面に白濁があり一部分脱灰しています。
この程度の初期段階ではプラークコントロールとフッ化物の応用で健全なエナメル質に戻ります。

 

上顎側切歯先端切痕1.jpg


真ん中の隣にある歯を側切歯と言います。


上顎側切歯先端切痕2.jpg


側切歯の先端が少し欠けているように見えます。


上顎側切歯先端切痕3.jpg


これはぶつけて欠けたり、虫歯で欠けたりしたのではありません。
先天的にこのような形態で萌出してきたのです。
側切歯は親知らずに次いで退化傾向が強く先天的に欠如したり、形態異常の発現が多い歯です。

上顎側切歯先端切痕4.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.12.06更新

下顎前歯のすき間を1回の治療で修復


50歳代後半の男性です。
以前から下顎前歯のすき間が気になっていました。
若い頃には矯正治療なども考えましたが、費用、治療期間その他を考慮して
結局はそのままです。
60歳に手が届きそうな今、矯正はせずにすき間を埋めてほしいという予てからの望みを
話されました。


下顎前歯隙間コンポジットレジン1.jpg

 

コンポジットレジン(歯科用硬質樹脂)で修復しました。
当日の1回きりの治療で終了です。
今後の経過をみないと何とも言えませんが、とりあえず望みは叶ったかな思います。

 

下顎前歯隙間コンポジットレジン2.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、高津区野川、宮前区にあるあき歯科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 044-751-0118
    bottom_img.png
  • WEBからの予約はこちら 24時間WEB予約