医院ブログ

2013.02.26更新

左上前歯が奥に入っている咬み合わせ その2


1月9日のブログでは矯正装置が入る前の状態を説明しました。
この状態(咬み合わせ)のままで成長していき咬合が固まってしまうと
骨格にも多少影響が出てきそうです。
奥まっている歯を前に出して咬み合わせがロックしている状態から開放させます。
窮屈な状態は成長発育に悪影響を及ぼします。

歯列弓を広げてスペースを確保します。


左上前歯が奥に入っているー正面.jpg

 

左上前歯が奥に入っているー上.jpg


下顎も同様に拡大していきます。


左上前歯が奥に入っているー下.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.02.19更新

上下左右の犬歯4本が生えてくる場所が無い


上下左右の犬歯4本が生えてくるスペースがありません。
成長発育期の骨格の拡大する力を利用します。
着脱式拡大スクリュー付き矯正装置を使用します。

 

上下拡大唇面.jpg


かなり拡大していかなければならないのですが
成長発育の力を活用していくとスペースが確保できます。


上下拡大上.jpg

 

スクリューを廻して少しずつ拡大していきます。
無理な力を加えませんので痛みは伴いません。


上下拡大下.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.02.12更新

萌出時期に左右差


小学校三年生の女の子です。
前歯が一本生えてきません。
お母さんがその事を大変心配して来院されました。


萌出時期の左右さ1.jpg

 

何らかの予期せぬ事象で萌出時期に左右差が生じました。
レントゲン上では問題無かったので様子を見ることにしました。
約1年後きれいに生え揃いました。


萌出時期の左右さ2.jpg

 

 

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.02.06更新

左上の犬歯が生えて来ない パート2


1月21日のブログの続きです。
歯ぐきに覆われて出てこない犬歯を引っ張り出します。

方法は
麻酔後、歯ぐきを切除して顔を出させます。
ボタンを接着します。
すでに装着している装置からゴムで牽引します。


ゴムで牽引咬合面.jpg

 

ゴムで牽引頬側.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.02.04更新

美しい歯並びを望むのに年齢は関係ない


40歳を過ぎた女性です。
幼い頃から下顎前歯の歯並びがずっと気になっていました。
人生にゆとり、生活に余裕ができた今、歯並びを治す事に
しました。


31番叢生1.jpg


今更などという事ではなく。
これからの長い人生に変化をもたらしてくれると信じています。
きれいな美しい歯並びで新しい人生のスタートです。

 

31番叢生2.jpg

 

31番叢生3.jpg

 

31番叢生4.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、高津区野川、宮前区にあるあき歯科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 044-751-0118
    bottom_img.png
  • WEBからの予約はこちら 24時間WEB予約