医院ブログ

2013.10.29更新

70歳の下顎前歯の磨り減り具合

 

70歳の下顎前歯を裏側から見たところです。
多少プラークや歯石が付着していますが年齢を考慮すると問題なく健康な状態が
維持できているといっても良いでしょう。

 

下顎前歯の磨り減り70歳1.jpg

 

上の写真は去年で下の写真は今年です。
この一年間で前歯が著しく磨り減ってきました。
原因は特定できませんでした。

 

下顎前歯磨り減り70歳2.jpg

 

下顎前歯は薄いので硬いエナメル質でも磨耗し易いのですが、
軟らかい象牙質が露出すると更に擦り減り大きく窪んでしまいます。
硬質レジン充填をした後擦り減り具合を定期的に診査します。

 

下顎前歯磨り減り70歳3.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.10.28更新

歯ブラシの使い方と力加減

 

歯を白くきれいにしたい。
そういう思いが強い方は歯磨きをしっかりと念入りにします。
歯ブラシの動かし方と力加減によっては歯ぐきが退縮して歯根が露出する事があります。
歯ブラシの動かし方(ストローク幅)と力加減(強さ)と歯ブラシの硬さ等が適切かどうか
一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

歯ブラシによる歯ぐきの退縮1-1.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.10.26更新

近頃の中・高校生に見られる虫歯の傾向


最近、虫歯の治療に通院する中・高校生に

「エナメル質の小さな穴から広がった虫歯が象牙質内部にかなり深くまで達している」

傾向が数多く見られます。

 

 

炭酸飲料やスポーツドリンクの飲みすぎなのでしょうか。
今年の夏は厳しい暑さが続いたので
部活の合間に多飲したのでしょうか。

 

13,10,31,-2.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.10.21更新

検診で見つかった小さな虫歯?その2

 

上顎第一大臼歯です。
検診で小さな虫歯が見つかりました。
一部分を削ってみると中は空洞が広がっていました。
見た目と虫歯の大きさのギャップに驚きました。

 

検診で見つかった小さな虫歯?その2-1.jpg

 

う触検知液で罹患歯質をチェックしました。
内部の虫歯の広がりは相当な大きさです。
もう少し発見が遅れたならば虫歯は神経まで達していたでしょう。
定期検診の重要性を改めて認識しました。

 


検診で見つかった小さな虫歯その2-2.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.10.18更新

検診で見つかった小さな虫歯?

 

左上の犬歯です。
検診で虫歯が見つかりました。
しみるなどの自覚症状は全く無く当然ながら本人はここに虫歯がある事は知り得ません。

エナメル質を温存するために小さな穴を開けました。
中はかなり深くまで虫歯が広がっていました。

 

検診で見つかった小さな虫歯.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.10.12更新

咬み合わせによる前歯の磨耗 その5

 


20代後半の女性です。
咬み合わせの特徴は前歯の先端で咬みあっている事です。
ヤスリでもかけたかのようにまっ平らに擦り減っています。
本人曰く 今現在はそうでもないのですが以前は歯ぎしりがひどくかなり気になっていたそうです。

 


咬み合わせによる前歯の磨耗その5ー1.jpg

 


歯ぎしりによる横(水平)への咬合力はかなり強くて平らに擦り減っています。
噛みしめ・食いしばり等の縦(垂直)への咬合力は比較的に弱いのかひび割れ等の状態は見られません。
これから先の事を考えると咬合状態を診査して磨り減り具合を確認する必要性はあります。
定期検診は半年に一度位の目安で来院していただく事になりました。

 

咬み合わせによる磨耗の磨耗その5ー2.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.10.11更新

咬み合わせによる前歯の磨耗 その4

 

上下の歯がしっかりとかみ合っています。
上の犬歯の先端が擦り減っています。
歯ぎしりをする事で犬歯の先端が平らに擦り減ってしまいます。
良く見ると無数のひび割れが見られます。
これは歯に縦方向のストレスが加わったためで 噛みしめ(くいしばり)等が原因です。

 

咬合による前歯の磨耗その4-1.jpg

 

咬合による前歯の磨耗その4ー2.jpg

 

咬合による前歯磨耗その4ー3.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.10.09更新

咬み合わせによる前歯の磨耗 その3


その2の21歳男性の正面観です。


咬み合わせによる前歯の磨耗13,10,9.jpg

 


その1の60歳代の男性の正面観です。


咬み合わせが原因で前歯が磨耗1.jpg

 

60歳代の方の40年前の写真を見たいのですが残念ながらありませんでした。
21歳の方の前歯の咬み合わせはかなり深く咬みこんでいて緊密に接触しています。
このまま放置すると将来は同じような経過を辿り、前歯が擦り減ってしまいます。
歯ぎしりの防止対策をしていくのと併せて定期的に磨耗状態をチェックしていきます。

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.10.08更新

咬み合わせによる前歯の磨耗 その2

 

一つ前のブログ、その1は60歳台の方です。
この方は21歳の男性です。
60歳の咬み合わせに比べて擦り減り具合が少ないのが判ります。
40年後は同じように擦り減っているのでしょうか。


擦り減って薄くなっていた所が欠けてしまいました。


咬み合わせによる前歯の磨耗2-上.jpg

 

下の前歯も同様に欠けてしまいました。

 

咬み合わせによる前歯の磨耗2-下.jpg

 

拡大して見ると無数のひび割れが確認できます。
かなり強い力が加わって欠けているのですが咬合力によって欠けている事をを本人は自覚していません。
歯ぎしりや噛みしめが歯にどのような影響を及ぼすのかを理解していただいた上で、磨耗状態を定期的にチェックして対処する必要があります。

 

咬み合わせによる前歯の磨耗2-下ー拡大.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.10.07更新

咬み合わせによる前歯の磨耗


前歯がきっちり咬みあっています。
上下の歯がくっ付いてすき間が全くありません。
左側より右側の磨耗が大きいのがわかります。
右側への歯ぎしりが強いのでしょうか。


咬み合わせが原因で前歯が磨耗1.jpg

 

硬いエナメル質がヤスリをかけたように擦り減っています。


咬み合わせが原因で前歯が磨耗2.jpg

 

裏側から見るとエナメル質は、のこぎりのようにギザギザに擦り減っています。
象牙質もかなり深くまで磨り減っているのがわかります。

 

咬み合わせが原因で前歯が磨耗3.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、高津区野川、宮前区にあるあき歯科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 044-751-0118
    bottom_img.png
  • WEBからの予約はこちら 24時間WEB予約