医院ブログ

2012.06.16更新

犬歯の欠損をインプラント

 

両脇の歯が健康な状態です。
この歯を削ってブリッジにするのに抵抗感があるのは当然のことです。
残る選択肢はインプラントか義歯です。


右上犬歯をインプラント1.jpg


インプラントを選択しました。
結果 両脇の歯はそのままです。

右上犬歯をインプラント2.jpg

 


右上犬歯をインプラント3.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2012.06.13更新

乳歯が抜けずに50歳まで使用


乳歯が抜けずに50歳まで使用しました。
後続永久歯が存在しなかったので長年機能していました。
エナメル質が磨り減って変色、着色が目立つようになりました。


乳歯残存歯をインプラントに置換1.jpg

 

グラグラの乳歯の前歯2本を抜歯しました。
がっちりしたインプラントに置き換えます。


乳歯残存歯をインプラントに2.jpg

 

 

 

乳歯残存歯をインプラントに置換3.jpg

 

 


乳歯残存歯をインプラントに4.jpg

 

 

 

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2012.06.11更新

ブリッジでは力学的に不安なのでインプラントで対処

 

上の前歯が数本抜けています。
この状態で 両脇の歯で支えてのブリッジでは構造上無理があります。
無理な力が加わるブリッジでは長期の使用に耐えられません。

ロングスパンをインプラント1.jpg

 

ロングスパンをインプラント2.jpg


インプラントを2本埋入しました。

 

ロングスパンをインプラント3.jpg

 

インプラントを支台にしてのブリッジを設計しました。
これなら力学的に安定していると考えられます。

 

ロングスパンをインプラント4.jpg

 

 

 

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、高津区野川、宮前区にあるあき歯科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 044-751-0118
    bottom_img.png
  • WEBからの予約はこちら 24時間WEB予約