医院ブログ

2012.10.22更新

磨耗しない尖った状態の小臼歯

 


16歳の上顎の小臼歯です。
まったく磨耗していません。
顎が側方への運動をしていないためです。

先日 20日のブログの内容と同じです。
詳細はそちらを参考にしてください。

顎関節のストレッチなどを行って少しずつ側方運動ができるようにしていきます。

 


 

 

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2012.10.20更新

磨り減らずに尖ったままの歯


法医学では歯の擦り減り具合から年齢を特定する事があります。
歯は生えてきて上下でかみ合う事で自然に擦り減ってきます。
年齢を重ねると咬合による磨耗はさらに大きくなります。

この方は30歳代の女性です。
小臼歯の咬合面は全く擦り減っていません。
大臼歯はほんの少し擦り減っています。

何故 磨り減っていかないのでしょうか。
咀嚼パターンを見ると上下に開口する蝶番運動が出来ます。
しかし左右、横方向への歯ぎしりをする顎の動きが全くありません。
顎関節の柔軟にして稼動域を広くします。
顎関節周りのストレッチをして歯ぎしりが出来る範囲を少しずつ広げていきます。

では 何故このような咀嚼パターンになったのでしょうか。
原因のひとつには幼い頃からの食生活にあると考えられます。

このような咀嚼パターンではいけないのでしょうか。
奥歯は臼歯と書くように臼のようにすりつぶして咀嚼します。
横方向に顎が動かないと臼のようにすりつぶして咀嚼する事はできません。
生理的な状態では無いのです。


投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2012.10.15更新

舌と頬の圧痕

 

頬の内側に白い線が付いています。
これは頬が歯に強く押し付けられてできる痕です。

 

舌と頬の圧痕ー1.jpg


拡大してみると線状に白くなっています。

 

舌と頬の圧痕ー2.jpg

 

舌の側面が凸凹しています。
これは舌が歯に強く押し付けられてできる痕です。

 


舌と頬の圧痕ー3.jpg

 

ご自分の舌及び頬を鏡で見てください。
このような状態が確認できたなら少し緊張ぎみかもしれません。
口元の緊張を緩めて頬をマッサージしてみてください。
舌を少し前に出して上下左右にストレッチしてみてください。
上下の歯が強く咬みあっていないか確認してください。

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、高津区野川、宮前区にあるあき歯科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 044-751-0118
    bottom_img.png
  • WEBからの予約はこちら 24時間WEB予約