医院ブログ

2013.07.26更新

歯ぐきの傷は歯ブラシが原因


「歯ぐきが腫れて触ると痛いし食事にも障りがある。」
という主訴で来院されました。
この2枚の写真は別の方ですが、お話を聞いていると共通点がありました。
歯ブラシをしていたら血が出て歯ぐきが腫れている感じがしたので
しっかり磨いて治そうと思ったという事です。
その後も歯ブラシを当てると痛いにもかかわらず
痛いのは歯周病が原因と思いさらに頑張って磨いていました。
磨いても良くならずに痛みがひどくなって来院されました。

擦過傷
歯ブラシによる擦過傷です。
歯ブラシが原因で歯ぐきの表面を擦り過ぎたためにできた擦り傷です。
3~4日歯ブラシを止めると自然に治癒します。

 

歯ブラシによる傷1.jpg


歯ブラシによる擦り傷ができやすいのは
 ●古い歯ブラシから新しいのに変えて間もない時。
 ●慌てて磨いた時
 ●力加減が上手くできない時
などです。

 

歯ブラシによる傷2.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.07.12更新

口唇からはみ出した前歯 その2


その2は 前歯の裏側から見たところです。
2ミリくらい下がった感じが歯と歯ぐきの境目からわかります。
歯の先端を比べてみても下がっている感じが良くわかります。


口唇から前歯はみ出した5.jpg


セラミッククラウンで形態を整えて自然な美しさに仕上げました。
セラミッククラウンは裏側から見ても明るく白いのが特徴です。


口唇から前歯はみ出した6.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.07.10更新

口唇からはみ出した前歯


くちびるを閉じても前歯の先端がはみ出してしまいます。
閉じようとしても突き出た前歯が邪魔します。

 

口唇から前歯はみ出した1.jpg

 

犬歯はもともと八重歯で口唇が閉じにくい原因のひとつです。
そのうえ 近頃左上の前歯が2本出てきた感じがするそうです。
比較すると2ミリくらい下がってきました。
これが 口唇の閉じにくさを助長しています。


口唇から前歯はみ出した3.jpg

 

被せ物を除去した後、新たにセラミッククラウンを装着しました。
長径、幅径、ふくらみ具合などを考慮して作製したセラミッククラウンです。


口唇から前歯はみ出した4.jpg


犬歯が八重歯のため少し閉じにくい感じはありますが以前と比較するとかなり改善されました。

 

口唇から前歯はみ出した2.jpg

 

 

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.07.03更新

斜めに生えている第二小臼歯を直立させる方法


乳歯が抜けずに残っていたために第二小臼歯が本来の位置に萌出していません。
それで乳歯を抜いたところ斜めに生えていました。
このままではかみ合わせができないのでまっすぐに起こす事にしました。


第二小臼歯のアップライト2.jpg

 

前後の歯を固定源にしてゴムの力で牽引します。
上手く咬めるようになるには暫らく時間がかかりそうです。

 

第二小臼歯のアップライト3.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、高津区野川、宮前区にあるあき歯科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 044-751-0118
    bottom_img.png
  • WEBからの予約はこちら 24時間WEB予約