«  2015年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年8月 8日

下顎臼歯の黒い詰め物を白くしたい


下顎臼歯を白くしたい多数歯1.jpg


下顎臼歯を白くしたい多数歯2.jpg


下顎臼歯を白くしたい多数歯3.jpg


下顎臼歯を白くしたい多数歯4.jpg

下顎臼歯を白くしたい多数歯5.jpg

2015年8月 4日

自然な色合いを表現するのに重要な要素は透明感である

30代の女性です。
前歯の黒い汚れが気になっていました。
遠目に見ても目立つ不自然さです。

前歯は透明感が大事ー1.jpg

100%セラミックでできたクラウンで修復しました。
先端寄りは透明感のある自然な仕上がりになりました。
歯ぐき寄りは両隣に比べると灰色が強くもう少し茶色系の色が欲しかった感があります。

前歯は透明感が大事ー2.jpg

裏側は金属が丸見えです。
この金属が透明感を失っている原因です。


前歯は透明感が大事ー3.jpg

金属を使用しない(メタルフリー)セラミッククラウンは見た目だけでなく
強度も備えています。

前歯は透明感が大事ー4.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら


2015年8月 2日

金属の詰め物の周囲から虫歯が再発 

50代の女性です。
以前治療した金属の詰め物の周囲から虫歯が再発しました。


左下7番インレー二次齲蝕をe-max-1.jpg

特別 凍みたり咬んだ時の痛み等はないのですが、
内側まで虫歯は広がっていました。


左下7番インレー二次齲蝕をe-max-2.jpg


セラミック修復の利点は
1、プラークが付着しにくい
2、金属アレルギーがない
3、歯質と化学的に接着する
4、審美的(色調・透明感・自然な感じ)に優れている

表面が滑沢で汚れが付きにくく歯ブラシで容易にとれるので
プラークコントロールがしやすい。
歯質と化学的に接着するので詰め物と歯質の境界が無く境目から虫歯の再発がおこり難い。

左下7番インレー二次齲蝕をe-max-3.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら


2015年8月 1日

前歯の先端が転んで欠けてしまった

20代の女性です。
転んだ拍子に左上の前歯をぶつけてしまいました。
先端が欠けて、歯冠部分にひびが入りました。


gaishou 1.jpg

この写真は受傷後応急処置を施して2週間後の状態です。
冷水痛や自発痛などの症状は無く落ち着いています。


左上1番ラミネートー1.jpg

右側の先端は少し欠けていて凸凹しています。
左側は大きく欠けて短くなりました。
受傷前の形態にもどして欲しいというのが主訴です。
できる限り自分の歯は削らずに元の状態にして欲しいと重ねて言われました。


左上1番ラミネートー2.jpg

ラミネートべニアで修復する事を説明して、この治療法に決めてもらいました。
歯を削る量の少なさが決めてになりました。
麻酔無しでも痛みを感じない患者・術者両方にとってストレスフリーな治療法です。

左上1番ラミネートー3.jpg


先端の長さが整いました。
透明感・色合い・形態すべてにおいて自然な感じです。
望んでいた通りの治療ができたことに大変満足されていました。


ラミネートべニア超綺麗.jpg

右側の先端が凸凹しているのが気になります。
しかしながら、この歯はもう少し様子をみていきたいということでした。

左上1番ラミネートー6.jpg

裏側から見たところです。
明るくて透明感のある白さです。

左上1番ラミネートー5.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら

2015年5月17日


未来治療。それは欠損部位をインプラントで補う治療です

60才の男性です。
多院で治療途中ながら当院に来院されました。
理由は現在治療中の歯とその手前の欠損をブリッジで補うと言われたからです。
ブリッジにするためには手前の健康な第一小臼歯を削る必要が生じます。
削らずにその歯を守るにはインプラントを選択するのが不可欠です。

小臼歯1歯欠損をインプラントで補う1 .jpg


その医院はインプラント治療を行っていなかったのです。
健康な歯を削らずに守るために当院のホームページを見て頂き来院されました。


小臼歯1歯欠損をインプラントで補う2.jpg

欠損部位にインプラントが埋入されています。
上部構造(クラウン)はネジ止め式にしました。
ネジ止め式なら外して点検可能なので安心です。

小臼歯1歯欠損をインプラントで補う3.jpg

ネジ穴は塞ぎますので見た目も咬み心地も問題なく使えます。

小臼歯1歯欠損をインプラントで補う4.jpg

既存の歯を削るマイナスの治療ではなく、欠損部位に新たに歯を構築するプラスの治療
を選択しましょう。
インプラントの歯が一本増えることにより既存の歯への負担ははるかに軽減されます。


小臼歯1歯欠損をインプラントで補う5.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら

2015年5月 2日

高齢者の歯の破折


70才代の男性です。
上顎の全体像です。
何本か虫歯の治療が施されていますが年齢を考えると
お口の健康は保たれてきたと思います。

高齢者の歯の破折1.jpg

硬いものが好きで何でも良く咬めます、食べる事ができます。
年齢とともに歯は硬く脆くなってきます。
歯の水分が減ってくるためです。
若い頃の様に硬いものを咬むと危険です。
エナメル質が欠けて歯冠の一部が破折してしまいました。

高齢者の歯の破折2.jpg

エナメル質より硬いジルコニア素材のクラウンで修復しました。


高齢者の歯の破折3.jpg

高齢者の歯の破折4.jpg


高齢者の歯の破折5.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら

2015年4月20日

下顎の金属をセラミックで修復

40代の女性です。
下顎の臼歯に金属の詰め物が多数あります。
歯と金属の隙間から虫歯ができています。
全ての金属を除去してセラミックで修復する事にしました。


下顎の金属をセラミックで修復、澤田1.jpg


清潔な感じで美しく明るく上品になりました。
金属は冷たく暗い感じがありますが、セラミックで修復すると清潔で明るく感じます。

口元がこれだけ変わると気持ちまで変わり自分に自信が持てるようになったと言われました。

歯を治療した事で、気持ちまで替えられた。
歯科治療でこんなに嬉しい事はありません。

下顎の金属をセラミックで修復、澤田2.jpg


部分を拡大してみました。

下顎の金属をセラミックで修復、澤田3.jpg

金属と歯の境界に比べると境目がわからず自然です。
歯は本来白いものです。金属を詰めるのはやめましょう。。
生体に安心・安全なアレルギーのない材質をお口の中に入れましょう。


下顎の金属をセラミックで修復、澤田4.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら



2015年4月12日

崩壊した咬み合わせを義歯で修復

マグフィット、義歯。6.jpg


マグフィット、義歯、7.jpg


マグフィット、義歯、8.jpg

磁石付の義歯は装着感抜群で良く咬めます


70才代の男性です。

上顎に数本残っています。
新しく義歯を作成するにはこの歯を利用します。 
しかしながら残存している歯は入れ歯のバネの負担に耐えるだけの健康状態ではありません。

マグフィット、義歯、1.jpg


抜歯する前にもうひと働きしてもらいます。
根っこを残して磁力を受け止める金属を装着します。

マグフィット、義歯、2.jpg


義歯のバネの力を受け止めるほどの良い状態ではないのですが、
磁力を受け止める事はできそうです。

マグフィット、義歯、5.jpg


歯冠部分を取り除き歯根だけにすると安定します。
この金属は磁力を受け止めるだけです。
磁石ではありません。


マグフィット、義歯、3.jpg


 
義歯の内面に磁石を装着します。
MRI検査は磁力線で画像が乱れてしまいます。
必ず義歯を外して検査するようにしましょう。
義歯を外していただけると問題ありません。


マグフィット、義歯、4.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら



2015年3月22日

大臼歯2歯欠損はインプラントの本領を最高に引き出させる

60才代の男性です。
下顎の大臼歯が2本欠損しています。

欠損を補う選択肢は二つです。
部分義歯かインプラントです。


右下大臼歯2歯欠損をインプラント、、1.jpg

取り外しの煩わしさと咀嚼力の低下と審美性を考慮した結果、
義歯ではなくインプラントに決定しました。

右下大臼歯2歯欠損をインプラント、、2.jpg

大臼歯が2本欠如すると咀嚼効率がかなり落ちます。

右下大臼歯2歯欠損をインプラント、、3.jpg


右下大臼歯2歯欠損をインプラント、、4.jpg

右下大臼歯2歯欠損をインプラント、、5.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら



2015年3月19日

ボロボロの下顎前歯をセラミックで修復


70才代の男性です。
下顎の前歯が虫歯でボロボロです。
上手く咬めないので食事は一苦労です。
見た目も大変です。
息が抜けて発音にも影響を及ぼして会話ができません。

ボロボロの下顎前歯をセラミックで1.jpg

虫歯で大きく崩壊した所はセラミッククラウンで修復しました。
発音、咀嚼の機能が回復しました。
審美的にも満足のできる状態です。


ボロボロの下顎前歯をセラミックで2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら



2015年3月 9日

左下第一大臼歯の欠損をインプラントで補いました

左下第一大臼歯のインプラント1.jpg


左下第一大臼歯のインプラント2.jpg


左下第一大臼歯のインプラント3.jpg


左下第一大臼歯のインプラント4.jpg

2015年2月11日

上顎前歯がブロック状に破折


70才の男性です。
上の前歯が欠けてるような感じがするので見てほしいと来院されました。
痛みなどの自覚症状はなく形態の異常に気付き慌てて来院されました。


上顎前歯ブロック状に破折1.jpg

正面からはひびが入っているのがわかる程度でした。


上顎前歯ブロック状に破折2.jpg


破折片を触ってみるとブロック状に歯が欠けていました。
全ての歯に歯ぎしりによる摩耗と、咬合力による縦のひびが確認できました。
隣りの歯にも同じようなひびが見られます。

上顎前歯ブロック状に破折3.jpg

特に硬いもの咬んだ覚えもなく通常の食事で欠けたという事です。
加齢によるものと一括りでかたずけたくはないのですが、
正直なところ年齢とともに歯は硬く脆くなってきます。

上顎前歯ブロック状に破折4.jpg

この男性は
虫歯が無く、歯周病も問題ないくらいきっちり磨いて
歯の手入れには気を使っていたのです。


上顎前歯ブロック状に破折5.jpg

今までは何不自由なく食べていたのですが、今後は硬いものを咬むのに注意する必要が生じて来たことを伝えました。
食事以外にも歯の食いしばり、歯ぎしりなどの咬合力の加減をする必要性を説明しました。


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら



2015年1月18日

上顎の片側をジルコニアブリッジで修復


60才の女性です。
左上の小臼歯が2本欠損しています。
犬歯から第二大臼歯までの5本をブリッジにします。

左上5本ブリッジ1.jpg

ブリッジのフレームは金属で作るのが今までの第一選択で
白い歯を望む場合は金属にセラミックを焼き付けるのが一般的な方法でした。
最近はジルコニアをフレームにする事が多くなりました。
理由はこのような大きなブリッジにも問題なく使える強度と
素材そのものが白いので見た目にも美しいからです。

左上5本ブリッジ2.jpg

この大きさなら金属フレームでもたわんでしまいます。
しかしジルコニアはたわんだり、変形しません。
耐久性も十分です。

左上5本ブリッジ3.jpg

優しい感じの白さと自然な美しさが再現できました。

左上5本ブリッジ4.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら


2015年1月 5日

虫歯で変色・崩壊した前歯をインプラントで修復


60代の男性です。
前歯が以前から気になっていました。
見ての通りでこの状態で長いこと我慢していたというのです。


右上1番反対咬合抜歯即時1.jpg


治療方針は抜歯して後、インプラントかブリッジです。
両隣の歯を考慮してインプラントを選択されました。

右上1番反対咬合抜歯即時2.jpg

抜歯と同時にインプラントを埋入しました。
約4か月で機能・美しさを回復することが出来ました。
抜歯後の歯ぐきの退縮もなく左右差の無い自然な感じになりました。

右上1番反対咬合抜歯即時3.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら



2014年12月 7日

前歯の虫歯をジルコニアクラウンで永遠の美しさに


40代後半の女性です。
エナメル質の表面が虫歯で脱灰しています。
凸凹していて所々黒変しています。


上顎4前歯ジルコニアレイヤリング前.jpg

前歯4本を削ってジルコニアクラウンで修復しました。

上顎4前歯ジルコニアレイヤリング唇側後.jpg

裏側から見たところです
表側より虫歯が進んでいて過去に治療した跡がたくさん見られます。

上顎4前歯ジルコニアレイヤリング舌側前.jpg

裏側も真っ白きれいになりました。


上顎4前歯ジルコニアレイヤリング舌側後.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら



2014年12月 4日

お口に入るの、こんなに大きな入れ歯

70代の女性です。
大きな総義歯です。
これがお口の中に入るのでしょうか?
歯を失うと同時に周囲の歯槽骨も吸収されてしまいます。
歯槽骨の吸収の度合いが大きければ大きいほど義歯のサイズも大きくなります。


大きな総義歯前.jpg

ピンク色の歯ぐきにあたる部分の大きさが歯槽骨の吸収度合いです。


大きな総義歯左.jpg

この大きさの義歯がお口の中にぴったり納まると口元が自然な感じになります。
口元の小じわも消えて若々しい表情の復活です。


大きな総義歯右.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら



2014年12月 3日

自然な美しさと装着感を重視した義歯


60代の女性です。
多数の歯が欠損しています。
義歯を安定させるには前歯にもバネをかける必要があります。
バネが見えないようにして自然な感じの義歯にしてほしいという要望がありました。
他にも装着感を重視して違和感のない様にとの要望です。

審美的金属床術前.jpg

上顎の天井部分は金属で薄く仕上げました。
天井部分をくりぬいて面積も極力小さくしました。
これで装着感が格段に良くなります。

審美的金属床義歯本体.jpg


奥歯にかけるバネは金属で丈夫に、前歯にかけるバネは歯ぐきと同じ色の樹脂です。

審美的金属床装着後.jpg


側面観です。
自然な感じで違和感はありません。


審美的金属床右.jpg


正面観です。
バネが歯ぐきと同系色で目立ちません。

審美的金属床前.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら


2014年11月27日

シェーグレン症候群による虫歯の進行


シェーグレン症候群とは主に中年女性に好発する涙腺と唾液腺を標的とする臓器特異的自己免疫疾患です。
眼科:目にでる症状は涙腺がやられて涙が出なくなるドライアイです。
歯科:唾液腺が標的にされて唾液が出なくなり口腔内が乾燥します。
   唾液が減少することにより歯の再石灰化が妨げられて虫歯が進行します。
   口腔内の乾燥は味覚障害や舌痛を引き起こします。

30代女性。

10年前の状態。この頃は今現在より唾液が幾分出ていました。


シェグレーン症候群1.jpg


現在の状態です。

シェグレーン症候群2.jpg

40代の女性です。

8年前の状態です。


シェグレーン症候群3.jpg

現在の状態です。


シェグレーン症候群4.jpg

唾液が減少してくると通常では虫歯になりにくい所も虫歯になります。
いずれの写真も下の前歯を裏側から見たところです。
下顎の前歯は最も虫歯になりにくい部位です。
前歯の先端は唾液が通常通り出ているとしたら虫歯には滅多になりません。
しかし年数を経て唾液の量が減少してくるとそれに合わせて
虫歯は進行してきます。


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら


2014年11月19日

セラミッククラウンの破折


40代の女性です。
約9年前に治療したセラミッククラウンが破折しました。
縦にまっすぐ亀裂が入っています。
日常の生活でこのように破折する事は稀です。
なんらかの力が加わった結果です。
食事中に弾みでスプーンがカチンと当ったらしいということですが。


セラミッククラウンの破折1.jpg


直ちに作り直しました。
9年前と比べると全ての分野で進化、発展しています。
セラミックなどのマテリアル(素材)もその通りです。
色調・透明性・強度など改善されています。

セラミッククラウンの破折2.jpg


今度は10年以上もってほしいです。
絶対的大丈夫だとはいいきれませんが恐らく大丈夫です。

セラミッククラウンの破折3.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら


2014年11月16日

40代の成人矯正


40代の女性です。
長年、前歯が出っ張っていることが気になっていました。
歯並びをきれいに治して口元をすっきりしたい思いは強かったのですが、
矯正治療するまでには至らず今日まで来てしまいました。


40代の矯正、女性、前突、側前.jpg

前歯が張り出しているために口を結んでも唇が閉じにくい状態です。

40代の矯正、女性、前突、側後.jpg


前歯2本が突出しているのが良くわかります。


40代の矯正、女性、前突、前上.jpg


これですっきりしました。
唇も自然に閉じれます。

40代の矯正、女性、前突、後上.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら


2014年11月 9日

インプラントの利点は機能性にある


70代の女性です。
下顎の両側第一大臼歯を失って久しいです。
義歯は随分前に一度装着したらしいのですが違和感があり
使わず仕舞いです。


左下にインプラントを埋入しました。

下顎6番両側欠損をインプラント5.jpg


右下にインプラントを埋入しました。

下顎6番両側欠損をインプラント6.jpg

左下にネジ止め式のジルコニアクラウンを装着しました。

下顎6番両側欠損をインプラント2.jpg

右下にネジ止め式のジルコニアクラウンを装着しました。

下顎6番両側欠損をインプラント3.jpg


これで左右の第一大臼歯が復活しました。
自分の歯と同じように咬めて機能的問題なく快適です。

下顎6番両側欠損をインプラント4.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら


2014年11月 6日

8年間の咬合の変遷 その2


8年前の右側面です。
きれいなしっかりした咬み合わせです。

8年間の咬合変遷、前右.jpg

8年後の右側面です。
咬み合わせがしっかりしていません。
隙間があり咬んでいません。
特に下顎第一大臼歯の圧下が顕著です。

8年間の咬合変遷、後右.jpg


8年前の左側面です。
きれいな咬み合わせです。

8年間の咬合変遷、前左.jpg


8年後の左側面です。
上顎側切歯が前突していて離開しています。
奥歯の側面の虫歯が気になります。

8年間の咬合変遷、後左.jpg


歯列(歯が並ぶ位置)は筋肉の中立帯に位置します。
頬っぺたとベロ(頬筋と舌筋)の間に並ぶのです。
何らかの原因でベロ、舌筋の力が咬合の変化に影響を与えたと思われます。
何らかの原因とはなんでしょうか。
ストレス?単なる習癖?
現状では原因が把握しきれていないのですが、
今後原因が究明できれば元のきれいな咬合を回復できるはずです。


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら



2014年11月 5日


8年間の咬合の変遷

20代の女性です。
右側が咬むと痛いということで数年ぶりに来院されました。

8年前の状態です。


8年間の咬合変遷、前正面.jpg

現在です。


8年間の咬合変遷、後正面.jpg

8年前の右側側面です。


8年間の咬合変遷、前右.jpg

現在の右側面です。


8年間の咬合変遷、後右.jpg


この8年間で何があったのでしょうか。
次回のブログ記事で原因を究明していきたいと思います。

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら



2014年10月19日

歯周病が原因で突き出た歯を形態修正


70代の女性です。
長年歯周病で辛い思いをしてきました。
特に上の前歯がぐらぐらで今にも抜け落ちそうな状態です。
見た目もこの通りです。


挺出した上顎前歯の形態修正1.jpg


前医では治療方針として前歯2本を抜歯した後インプラントを勧められました。
抜歯せずに治療可能かどうかを知りたくて当院を受診されました。
このような状態ですから本人も半分は諦めて来られました。
検査結果から歯周病の治療を適切に行う事で抜歯せずに長期の使用ができる事が
判りました。


挺出した上顎前歯の形態修正2.jpg

人前で笑う時は必ず手で前歯を覆い隠していたのですが、
気にする事も無くなり、楽しく会話ができるようになり喜んでもらえました。

挺出した上顎前歯の形態修正3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら



2014年10月 3日

右上の前歯から小臼歯までをインプラントで修復


70才の男性です。
右上が前歯から小臼歯にかけて歯が欠損しています。
義歯を使用していたのですが不便、不自由、バネが見える不自然さが
気になりこれらの事を改善するためインプラントブリッジを入れる事になりました。


右上1,3,5インプラント術前咬合面.jpg

3本のインプラントを埋入しました。
ブリッジを支えるために必要な本数を適切な部位に埋入しました。

右上1,3,5インプラント術後全体セット前.jpg


右上1,3,5インプラント術後セット前拡大.jpg


右上1,3,5インプラント術後セット後拡大.jpg

ネジで固定するタイプが最新の治療法です。
ネジ穴は目立たないように、咬み合せに支障がないように塞ぎますので心配いりません。
ネジ式にするメリットはいちに清潔、清掃性で、定期的に取り外してメンテナンスができます。


上顎義歯をインプラントに8.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら



2014年9月24日

上顎の義歯を外してインプラントに変更


60代男性です。
上顎の奥歯が左右とも欠損しています。
それを義歯で補っています。
左右の義歯を連結する金属のプレートが天井部分を覆っています。
このような大きな義歯が入っていると違和感・鬱陶しさを感じるのですが
我慢して・諦めて使用していました。


上顎義歯をインプラントに。1.jpg


これだけ多くの臼歯を失って長年それを義歯が代用してきました。

上顎義歯をインプラントに。2.jpg


この煩わしさや咬み難い状況をインプラントが解決してくれます。
義歯は自分の歯に比べて咀嚼効率は半分以下ですがインプラントは
自分の歯かそれ以上の咀嚼ができます。


上顎義歯をインプラントに。3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら


2014年9月 9日


片側だけで咬んでいると不都合な事が生じます。


50代の女性です。
下顎の全体像です。
左側に直径10ミリくらいの球状の隆起があります。
これは骨隆起といって咬合力により骨が肥大化して変形したものです。
右側にはありません。
ということは左でよく咬む、それもかなりの強い力で。
その結果第二大臼歯を咬合力による歯根破折で失う事になりました。


左側の骨隆起と第二大臼歯欠損.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら


2014年8月26日

加齢によるエナメル質表面の亀裂


70代の男性です。
上顎の前歯です。
歯の真ん中に縦に亀裂が入っています。
加齢とともに歯の水分量が減少して硬く脆くなってきます。

上顎前歯亀裂無数1.jpg


亀裂のでき方は咬合力によって変わります。
前歯の先端どうしが強くぶつかっているのでしょう。

上顎前歯亀裂無数2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら


2014年8月23日

ヤスリで磨いているの???


70代の女性です。
上顎の小臼歯の擦り減り具合が顕著です。
クラウンと歯ぐきの間から歯質が削れて無くなっています。


wsdの極端な例ー1.jpg

ヤスリで磨いているのでしょうか。
そうだとしたら歯ぐきもクラウンも一緒に削られている事でしょう。
原因は歯ブラシによる横磨きです。
それにしてもここまで擦り減ってしまうものなのでしょうか。
長い年月をかけて少しずつ擦り減ったのでしょう。


wsdの極端な例ー2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら


2014年8月19日

全ての歯を白くきれいにしたいー下顎編


30代の女性です。
お口を開けたとたんに黒い着色と銀歯が見えます。
これでは、お話するのもちょっと、まして笑う時は気が引けます。

全て白くきれいにしたい、、下顎編1.jpg


全ての歯を白くきれいにしたいという要望でした。
金属の詰め物、被せ物はセラミック系で白くしました。


全て白くきれいにしたい、、下顎編2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら


2014年8月 8日

セラミックで美しく自然な白さに


50代女性です。
上顎第一大臼歯に金属のクラウンが被せてありました。
除去後の状態です。

左上第一大臼歯E=MAX、、1.jpg


セラミッククラウン(商品名:E-MAX)を被せました。
このE-MAXクラウンは360Mbという強度があり、ちょうどエナメル質と同程度の硬さです。


左上第一大臼歯E=MAX、、2.jpg


左上第一大臼歯E=MAX、、3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら



2014年8月 4日

歯の着色の原因はエナメル質形成不全


10代の男子です。
上顎第一小臼歯の側面が茶色く変色しています。
虫歯で変色したのではなく生まれつきのものです。
エナメル質形成不全というものです。
歯が形成される過程において何らかの原因で(原因ははっきりしませんが)エナメル質の
形成に障害が起きたために生じると考えられています。


エナメル質形成不全上顎第一小臼歯、、、1.jpg


犬歯の隣の歯で着色は目立ちます。
変色部分を一部削り硬質コンポジットレジンというもので表面をカバーしました。
これなら大きな口を開けて笑っても大丈夫です。


エナメル質形成不全上顎第一小臼歯、、、2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら



2014年7月28日

大臼歯2本欠損はインプラント修復がベスト


60代男性です。
右下の大臼歯が2本欠損しています。
義歯は取り外しが煩わしいのでインプラントを希望されました。


右下大臼歯インプラントスクリュー、、1.jpg

最新の治療法はインプラント本体と上部構造(クラウン)をスクリューで固定するネジ止め方式です。
衛生的で定期検査のときには取り外して内部のチェックが可能です。


右下大臼歯インプラントスクリュー、、2.jpg

ネジ穴は塞ぐので日常生活にはなんら問題はありません。
大臼歯を失う以前の、自分の歯が存在していたような感じを取り戻されたのと
しっかり咬めるので楽しく食事ができると非常に満足されていました。

右下大臼歯インプラントスクリュー、、3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら



2014年7月12日

インプラントをさらにもう1本追加


30代男性です。
以前 下顎の第一大臼歯にインプラントを施しました。
その時点では第二大臼歯は費用対効果を考えて処置を見送っていました。
本人曰く、さらに第二大臼歯にもあったほうが良く咬めるのでインプラントの追加処置を希望します。と再来院されました。

左下第二大臼歯インプラント、、1.jpg

左下第二大臼歯インプラント、、2.jpg


左下第二大臼歯インプラント、、3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら


2014年7月11日

虫歯で黒変した奥歯をセラミッククラウンで修復

70才代の女性です。
左上の大臼歯が虫歯で大きく崩壊しています。
虫歯に罹患した部分は黒変しています。
この写真を見て、「本来 白い歯が黒く変色しているのは不潔でいやなので白くきれいにしてほしい。」と要望されました。


左上第二大臼歯ジルコニア、1.jpg

罹患歯質を削除してセラミッククラウンで修復しました。
セラミックの材質にも様々なものがありますが、強度、硬さに優れたジルコニアを使用しました。

左上第二大臼歯ジルコニア、2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら


2014年7月 8日


虫歯による下顎第一小臼歯の歯冠破折


 70才の女性です。
虫歯により歯冠部分が破折して根っこだけが残っています。
幸いにも土台を構築していけるだけの歯質が歯根部分に残っていました。


ジルコニア・歯冠破折・第一小臼歯1.jpg

修復完了です。
クラウンの材質はジルコニアを使用しました。

ジルコニア・歯冠破折・第一小臼歯2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら



2014年6月25日


左上の前歯のすき間が気になる


20代の男性です。
左上の前歯のすき間が気になって来院されました。
すき間を無くす方法はいろいろありますが
●短期間で
●歯を削らずに
という条件を考慮して ラミネートベニアで治療を行う事になりました。

ラミネートベニア法とはセラミックをコンタクトレンズのように薄く削り歯の表面に接着する治療法です。
この方法は歯を削らずに短期間で歯の形態・色調を整える事ができます。
まれに罹患した歯質や変色した部分を削り取る事もありますがそれも表面の一部です。

左上2番ラミネートベニア1.jpg

左上2番ラミネートベニア2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら



2014年6月14日

上の奥歯の溝にできた虫歯


左上67番裂溝CR1.jpg


左上67番裂溝CR2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら


2014年6月13日

一見するときれいに見える歯並び


20代の男性です。

正面から見た歯並びです。


上下の叢生ー正面.jpg


横から見たところです。


上下の叢生ー横.jpg


下の歯並びです。
一見きれいに並んだ歯並びは第二大臼歯の萌出スペースを占有しています。
その結果、第二大臼歯の萌出スペースはありませんが、第一大臼歯まではそれなりの歯並びです。


上下の叢生ー下.jpg

上の歯並びです。
萌出スペースが無い二本が内側に入り込んでいます。


上下の叢生ー上.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら


2014年6月 5日

変色した右下犬歯を漂白

ウォーキングブリーチ右下3-1.jpg

ウォーキングブリーチ右下3-2.jpg

ウォーキングブリーチ右下3-3.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら



2014年6月 3日

歯列不正による下顎小臼歯の虫歯

下顎小臼歯叢生による虫歯1.jpg

下顎小臼歯叢生による虫歯2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら



2014年5月23日

70代男性の上顎前歯先端破折


70代の男性です。
上顎前歯の先端が欠けてしまいました。
無数のひび割れから一部咬合力が加わる先端が欠けてしまいました。


70代・上顎前歯先端破折1.jpg


歯科用硬質コンポジットレジンで修復しました。
エナメル質の強度は再現できていませんので注意して使ってもらいます。


70代・上顎前歯先端破折2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら


2014年4月19日

親知らずの歯冠破折

70代の男性です。
奥歯で咬むと痛くて食事ができないと来院されました。
奥の歯は下顎の奥歯・第三大臼歯で親知らずとも云われています。
その歯にひびが入り割れてしまいました。

下顎第三大臼歯の破折1.jpg

下顎第三大臼歯の破折2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら



2014年4月18日

詰め物の劣化・着色

横から見たところです。
歯ぐきの近く・歯頚部に詰め物があります。
その周囲が劣化して茶色に着色しています。

CRの劣化・着色1.jpg

詰め物を除去して再充填しました。
詰め物はコンポジットレジンです。
レジン系の材料の品質向上・進化は日進月歩です。
しかし現在のレジンは年数を経て劣化は否めない状況です。


CRの劣化・着色2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら



2014年4月16日

歯列不正にはフロスで虫歯予防に対処


下顎の全体像です。
右下の大臼歯の歯並びが凸凹しています。


歯列不正にはフロスで対処1.jpg

第一大臼歯が少し捻転しています。
第二大臼歯が少し低い位地にあります。
このような凸凹を歯ブラシだけできれいに磨くのは困難です。


歯列不正にはフロスで対処2.jpg

第一大臼歯の一部が(第二大臼歯と接触している部位)少し変色してきています。
初期の虫歯です。
ここはデンタルフロス(糸ようじ)を使用して虫歯の進行を食い止めましょう。
定期的に来院されてフッ素塗布を行うと予防効果が更に高まるでしょう。

歯列不正にはフロスで対処3.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら


2014年4月15日

舌癖による前歯開口


正面から見たところです。
一見すると問題ないように見えます。

舌癖による前歯開口1.jpg

下方から角度を変えて見るとすき間があります。


舌癖による前歯開口2.jpg


このすき間に舌が入り込みます。
嚥下する時や普段の何気無い時に舌が出ます。
この舌の圧力が上下の歯にすき間ができた原因です。


舌癖による前歯開口3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら


2014年4月14日

左側のスペース不足の原因は?

60代の女性です。
現在使っている義歯が治しても治しても直ぐに壊れるという事で来院されました。

左側スペース不足1.jpg

左側下顎臼歯の挺出によるスペース不足が原因です。
では何故このような状態になってしまったのでしょうか。
上下の歯同士がかみ合ってその位置を保っています。
どちらかの歯が抜けると挺出してきます。
長い年数をかけて徐々に挺出してきました。


左側スペース不足2.jpg

左上の臼歯4本が欠損しています。
義歯は装着したり、しなかったりしていた事が原因です。
義歯の装着スペースが全くありません。
無理に入れても直ぐに壊れてしまいます。


左側スペース不足4.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら


2014年4月12日

虫歯で歯冠が大きく崩壊した大臼歯の修復


被せていた金属冠が取れてしまいました。
内部深くまで虫歯に侵されていました。


欠損の著しい大臼歯をE-max1.jpg


罹患歯質を除去した後、欠損部分はファイバーコアー(ガラス繊維を含んだプラスチックでできた土台)で形を整えます。


欠損の著しい大臼歯をE-max2.jpg

セラミック冠を被せました。
第一大臼歯の奥歯でそれ程見えない部位ですが自然な感じの色合いにしました。


欠損の著しい大臼歯をE-max3.jpg


セラミック材料の透明感があり、自然な白さが再現できました。
表面が滑沢なため汚れ・プラークが付着しにくいのも特徴です。
強度はエナメル質に匹敵するため割れたり、欠ける心配はほとんどありません。

欠損の著しい大臼歯をE-Max4.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら



2014年4月11日

セルフケアの大切さ


50代の女性です。
定期検診には家庭の事情で来院できずにいました。
しばらくの間来院が途絶えてしまうのでその間、歯磨きはいつにもまして
しっかりと時間をかけて行っていたそうです。


セルフケアの大切さ1.jpg

ステイン(茶渋など)が付着していますが比較的きれいです。
歯ぐきは炎症も無く引き締まっていて概ね健康な状態です。

セルフケアの大切さ2.jpg

毎日の歯磨きをしっかりと行う生活習慣ができています。
セルフケアが確立されている方は定期検診で自己管理ができている事を
再確認する事となります。
良く出来ている事を担当衛生士によって確認してもらい、
更に自信を深めて良い方向に進んでいく循環が確立されます。


セルフケアの大切さ3.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら



2014年4月 9日

破折したブリッジをインプラントへ


30代男性です。
右下の奥歯にブリッジが入っています。
第一大臼歯の遠心根と第二小臼歯のブリッジです。
第二大臼歯が無いためにこのブリッジには過度のストレスが加わります。
その結果ストレスに負けた第二大臼歯の遠心根が破折してしまいました。

右下brをインプラントへ1.jpg

相談した所、義歯は取り外すのが面倒なので固定式を希望されました。
破折した根っこを抜いて2本のインプラントを埋入する事になりました。

右下brをインプラントへ2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら


2014年4月 8日

下唇にできた粘液のう胞

女子中学生です。
下唇に小さな膨らみが出来ました。
少しずつ大きくなってきたので心配して来院されました。
摘出した所約7ミリの大きさの粘液のう胞でした。
のう胞との境界がはっきりしていて剥離して摘出できました。

粘液のう胞下唇.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら



2014年4月 7日

上顎の臼歯が三本欠損です

40代の女性の上顎です。
第二小臼歯2本と第二大臼歯1本の計3本の臼歯を失っています。
根っこが割れたために抜歯したのが臼歯を失った原因です。
この状態で残った歯を利用してブリッジにするとそれを支える歯がまた歯根破折をして
歯を失う事になりそうです。
これ以上歯を失わないためには欠損部分にインプラントを埋めるのが最良と考えられます。
歯数を増やす事によりそれぞれの歯に加わる咬合力を分散させる事が大事です。

上顎第二小臼歯2本欠損・左第二大臼歯欠損.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら


2014年4月 5日

上顎前歯の変色を白くしたい

上顎前歯です。
以前神経を取った歯が年数を経て変色しています。
ここまでオレンジ色に変色していると白くしたいと思うのは誰でもです。
本人は削って被せるものと思い込んで白くするのを諦めていたそうです。
裏側から小さな穴を開けて漂白剤を詰めるだけできれいになると説明した所
漂白(ウォーキングブリーチング)を希望されました。
結果は後日アップします。

上顎変色歯ウォーキングブリーチ80代.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら


2014年4月 4日

変色した下顎前歯を漂白

下顎前歯です。
神経を取ってお薬を詰めた歯が変色しています。
隣の歯と比べると変色の度合いが良く判ります。

ウォーキングブリーチ・下顎前歯1.jpg

歯の裏側から漂白剤を詰めました。
約一ヵ月で元の白さに戻りました。
色の後戻りが起きる事もあるので定期的に診査していきます。


ウォーキングブリーチ・下顎前歯2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら


2014年4月 2日

70代で下顎前歯の歯並びを矯正 その2

その1と比較すると歯並びが改善されたのが良くわかります。


70代叢生改善下顎前歯4.jpg

このように凹凸が無くなると食物残渣が詰まりにくくなります。

70代叢生改善下顎前歯5.jpg

歯ブラシも良く届くので磨き易くなります。
歯ぐきのマッサージ効果も高まり歯周病が改善されていきます。
これで毎日の歯磨きもしっかりと楽しくできます。

70代叢生改善下顎前歯6.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2014年4月 1日


70代で下顎前歯の歯並びを矯正


70代の女性です。
長年この前歯と連れ添ってきました。
ずっとこの歯並びを気にしていましたがいつの間にかあきらめて
現状を受け入れてきました。


70代叢生改善下顎前歯1.jpg


この歯だけが内側に入り込んでいるために
歯ブラシの毛先が届かず、上手く磨けません。
その結果歯周病が進んでグラついてきました。

70代叢生改善下顎前歯2.jpg

歯周病を改善するためには磨きやすい環境を整える事が大事です。
歯列矯正で歯並びを改善する事が歯周病の治療の第一歩です。
その事をお話した結果前向きな返事を頂きました。


70代叢生改善下顎前歯3.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2014年3月14日

親知らずを抜いてみたら、、、、


30代の女性です。
右上の親知らずが痛いと来院されました。
お薬で痛みを抑えていただき次回の来院で抜歯をすることにしました。
意外とあっさり抜けたのですがかなり湾曲していました。


親知らず、湾曲、右上1.jpg


反対側から見たところです。


親知らず、湾曲、右上2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2014年3月12日

根っこが割れて差し歯が取れた歯の治療方法は

60代の女性です。
左上の前歯の差し歯が取れてしまいました。

歯根破折をインプラントで修復4-1.jpg

角度を変えて見るとひび割れが確認できました。
差し歯は年数を経ると朽木のようにもろくなります。
若木はしなやかで弾力があり折れにくいのですが、朽木はポキポキと折れてしまいます。
差し歯を支える根っこも同様です。

歯根破折をインプラントで修復4-2.jpg

保存不可能なので抜歯しました。
抜歯と同時にインプラントを埋入しました。
外科処置は一度で済みます。
約3ヶ月間の状態です。


歯根破折をインプラントで修復4-3、.jpg

朽ちた根っこに比べるとチタン金属のインプラントは丈夫で長持ちします。
耐久性と審美性の両方を得られました。


歯根破折をインプラントで修復4-4.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2014年3月11日

上顎の前歯の裏側に生えてきた角のような過剰歯


7歳のお子さんです。
上顎前歯の裏側に角のような歯が生えてきました。
過剰歯です。


上顎正中過剰歯・円錐歯1.jpg

このまま放置しておくと前歯にすき間が生じます。
歯並びを整えるために早期に抜歯します。

上顎正中過剰歯・円錐歯2.jpg


上顎正中過剰歯・円錐歯3.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2014年3月10日

金属イオンによる変色・変質


上顎大臼歯です。
第二大臼歯の金属インレーの周りの歯質が灰色に変色しています。


金属イオンによる変色・変質 上顎大臼歯1.jpg

金属インレーを除去しました。
一部が黒く変色・変色しています。
これは虫歯で軟らかくなった歯質に金属イオンが入り込んだためです。
金属インレーは歯と合着用セメントで付けます。
セメントが唾液に溶けて流出するとすき間から虫歯になり易いのです。
セラミックインレーは歯と接着性セメントで付けます。
化学的に接着して唾液に溶けないので虫歯になりにくい特質があります。


金属イオンによる変色・変質 上顎大臼歯2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2014年3月 8日

ジルコニア素材のブリッジ その2


ジルコニアとは?ジルコニウムの酸化物でZrO2の化学式で表されます。
金属のジルコニウムが酸化した白いセラミックです。
生体親和性が高く近年注目されている新素材です。

●単結晶構造  人工ダイアモンドと呼ばれて広く宝飾品に使用されています。
●多結晶構造  耐火物や研磨材、ファインセラミックとして使用されています。

このファインセラミックの塊(ブロック)からCAD/CAMの機械で
削りだしてクラウンブリッジを作製します。

上顎前歯ジルコニアBr70代4.jpg

裏側も白く自然な美しさです。


上顎前歯ジルコニアBr70代5.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2014年3月 7日

ジルコニア素材のブリッジ

70代の男性です。
長年機能していた上顎前歯のブリッジが外れてしまいました。
約20年前に作ったメタルボンド(金属にセラミック・陶材を焼き付ける作成法)のブリッジでした。

上顎前歯ジルコニアbr70代1.jpg

20年間使用してきたブリッジに感謝しつつ、これから入れるブリッジにも興味を示して、
最新の技術で作ったブリッジを望まれました。
これからはメタルフリーな(金属を使用しない)方向に向かいます。

金属アレルギーが無い。
生体親和性がある。
強度が優れている。
美しい色調。

セラミックの特徴を並べてみました。
現在、セラミックは多品種、多種類の製品があります。
その多くの中でジルコニアの特に優れた点は強度です。

上顎前歯ジルコニアBr70代2.jpg


その強度を生かしたジルコニアブリッジを装着しました。
強度と美しさを兼ね備えた優れたブリッジです。


上顎前歯ジルコニアBr70代男性3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2014年3月 5日

上顎前歯のすき間(余剰スペース)


40代女性の上顎の前歯です。
中切歯と側切歯の間に変色した人工歯が接着しています。

上顎前歯のスペース余剰1.jpg

変色した人工歯を除去しました。
この隙間は余剰スペースです。
萌出スペースが不足する人が多いなかで極めて稀なケースです。
何故このような余剰スペースが出来たのかは不明です。

上顎前歯のスペース余剰2.jpg

理想は矯正治療でスペースを閉じる事できれいな整った歯並びになります。
時間的・経済的・治療中のストレス等を考慮した結果再度人工歯を接着する事になりました。

上顎前歯のスペース余剰3.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2014年3月 4日

永久歯の萌出スペース不足で歯並びが心配です

下の写真は約5年前のものです。
乳歯がきれいに並んでいます。


永久歯の萌出スペース不足14、-1.jpg


下の写真は去年のものです。
乳歯が4本抜けて永久歯が2本萌出してきました。


永久歯の萌出スペース不足14-2.jpg


下の写真は現在のものです。
真ん中の歯(中切歯)の隣に側切歯が生えてきました。
右側はきれいな歯並びですが左側はスペースが足りません。

永久歯の萌出スペース不足14-3.jpg

裏側から見ると良く判ります。
暫らくは経過を見ていきますが犬歯が萌出するためにはさらにスペースが必要になると
思われます。
八重歯にしないためには上顎の側方拡大が必要になりそうです。

永久歯の萌出スペース不足14-4.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2014年3月 3日


義歯からインプラントへの変更を決めた理由は左右の欠損歯数差


70歳代の男性です。
上顎の欠損状態に左右差があります。
この状態で長年義歯を使用してきました。
右側では上手く咬めないので義歯を調整してほしいという要望は何度もありました。
その都度調整を繰り返し、そして義歯の右上の前歯はひび割れして何度か修理しました。

義歯からインプラントへ・左右差1.jpg

このように左右差が顕著な場合は左右均等に咬む事は不可能です。
特に歯ぐきに負担をかける義歯は限界があります。
インプラントは咬合力を歯ぐきではなく支持骨で受け止めるので左右差の均衡を図ることが
可能になります。
希望通り左側と同等の力で咬むにはインプラントがベストの選択になります。
お話したところ義歯の限界を感じていたのでインプラントを選択されました。

義歯からインプラントへ・左右差2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2014年3月 1日

となりの前歯が生えて来ない原因は?


小学校二年生の男の子です。
となりの前歯が生えてきません。


正中埋伏過剰歯逆性1.jpg


しばらく様子を見ていたのですが一向に出てくる様子が無いのでレントゲン写真を
撮ってみました。
生えてこないのは埋伏過剰歯が原因でした。
生えてくる方向とは逆向きで埋まってました。


正中埋伏過剰歯逆性2.jpg


抜歯した埋伏過剰歯です。


正中埋伏過剰歯逆性3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2014年2月10日

上顎第一小臼歯を白い歯に修復


上顎の第一小臼歯です。
犬歯の隣にある歯で良く見えます。
笑ったり、おしゃべりするだけでも見えます。
よって金属の詰め物ではなく白いセラミックを選択しました。


e-max右上4番1.jpg


透明感があり、自然な感じの美しさ、白さです。
エナメル質と同程度の硬さがあり耐急性も抜群です。


e-max右上4番2.jpg

2014年2月 8日

上顎犬歯の黒変した虫歯をジルコニアクラウンで修復

上顎犬歯をジルコニアクラウンで修復1.jpg

上顎犬歯をジルコニアクラウンで修復2.jpg

2014年2月 7日

高齢者の外傷・転んで前歯を破折


上顎中切歯先端破折・外傷唇面.jpg

上顎中切歯先端破折・外傷咬合面.jpg

上顎中切歯先端破折・外傷術後.jpg

2014年2月 5日

上顎前歯の先端破折

上顎中切歯先端破折術前・.jpg


上顎中切歯先端破折術後・.jpg

2014年2月 4日

歯ぐきにできたニキビのような膨らみ

上顎第一乳臼歯フィステル、頬側・.jpg


上顎第一乳臼歯フィステル、咬合面・.jpg

2014年2月 3日

お口の中から金属を排除しましょう

上顎の全体像です。
多くの歯に金属が埋まってます。


金属をお口の中から排除しよう1.jpg


金属の充填物の問題点は
●金属アレルギー
●温度差による膨張・収縮で脱離しやすい
●黒く見えて審美的ではない
等です。
そのような理由で最近は極力お口の中から金属を排除する傾向にあります。


金属をお口の中から排除しよう2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2014年2月 1日

金属の詰め物をセラミックの詰め物に その2

下顎の奥歯です。
第一大臼歯の金属の詰め物を外したところです。
黒変している原因は虫歯のほかに金属イオンが象牙質に沈着しているためです。


金属インレーをセラミックインレーに3.jpg

金属イオンはお口の中で微量に溶け続けます。
その結果、金属アレルギーを引き起こす方が最近目立って増えてきています。
化学的に安定しているセラミックは安全です。
さらに見た目もきれいで審美的です。

金属インレーをセラミックインレーに4.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2014年1月31日

金属の詰め物をセラミックの詰め物へ その1


下顎の第一と第二大臼歯に金属を詰めてありました。
手前の詰め物がとれてしまいました。


金属インレーをセラミックインレーに1.jpg


セラミックの利点・金属の欠点を説明しました。
結果、セラミックを選択していただきました。


金属インレーをセラミックインレーに2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2014年1月29日

下顎第二小臼歯の突起は何?

真上から見たところです。
第二小臼歯の真ん中に突起が見えます。

下顎第二小臼歯中心結節咬合面.jpg

横から見るとこの突起の大きさがわかります。
この突起を中心結節といいます。
この中心結節の中には神経が通っています。
これが折れると神経へばい菌が入り感染します。
感染した神経(歯髄)を除去した歯はもろく弱くなります。

下顎第二小臼歯中心結節頬側.jpg


結節が折れないようにその周りを歯科用樹脂で補強します。
手前の第一小臼歯の中心結節はすでに治療済みです。

下顎第二小臼歯中心結節舌側.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2014年1月28日

大臼歯2本欠損をインプラントで修復


下顎の第一大臼歯と第二大臼歯が欠損しています。
大臼歯が2本欠損していると食事にかなりの不便を感じるので
しっかり 咬みたいという事で来院されました。


大臼歯2本欠損をインプラントで修復1.jpg

選択肢は義歯かインプラントの二種類です。
義歯はインプラントに比べると良く咬めないという事でインプラントを選択されました。
私個人の一方的な見解ですが健康な歯の咬む力を100%とすると
インプラントは120%、義歯は30%の能力です。
義歯を選択した場合は食事にかなりの制約が生じます。

大臼歯2本欠損をインプラントで修復2.jpg


大臼歯2本をインプラントで修復した結果、健康な状態を取り戻されました。
かみ合わせも安定して、食べ物に支障なく何でも良く咬めています。
会話も弾み、見た目も自然な白いきれいな状態に回復しました。

大臼歯2本欠損をインプラントで修復3.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2014年1月27日

外傷で破折した歯をインプラントに置換


両手に荷物を抱えて転んでしまいました。
無防備な状態で顔を強打して、前歯が2本破折しました。
根っこまで割れるかなり強い衝撃でした。
唇は紫色になり腫れあがっていました。

外傷で破折した歯をインプラントに置換1.jpg

保存不可能なので抜歯する事とその後の治療方法を説明しました。
外科処置は少ないほうが良いという事で抜歯と同時にインプラントを埋入する
事になりました。


外傷で破折した歯をインプラントに置換2.jpg

約3ヶ月後の状態です。

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2014年1月25日

突出した前歯をセラミッククラウンできれいに修復

突出した前歯をセラミック1.jpg

突出した前歯をセラミック2.jpg

2014年1月24日

下顎前歯の重度歯周病


下顎前歯の重度歯周病1.jpg


下顎前歯の重度歯周病2.jpg

下顎前歯の重度歯周病3.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2014年1月22日

上唇小帯の付着異常


上唇小帯付着異常1.jpg


上唇小帯付着異常2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2014年1月21日

ブラシが強くあたって歯ぐきが退縮

30代の女性です。
白い歯を保つために一生懸命歯磨きをしています。
その努力目標は達成できていて美しい白いきれいな歯を維持しています。
歯ぐきもきれいなピンク色で引き締まっていて健康的な感じです。

良く見ると歯と歯の間に大きなすき間があります。
これは過度の強い圧力で歯ブラシが歯ぐきに当たっている事が原因です。

歯摩圧が強く歯肉退縮1.jpg


歯摩圧が強く歯肉退縮2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2014年1月20日

セラミッククラウンを被せたのはどの歯


30歳代の女性です。
上顎の前歯にクラウンを被せていました。
その歯が変色して目立つので自然な白さに戻したいという理由で来院されました。
この写真の中で1本だけセラミッククラウンで治療した歯があります。

セラミッククラウンを被せたのはどの歯.jpg


左から二番目の歯がセラミッククラウンです。
セラミックはプラーク(汚れ)などが付着しにくい特性があります。
その上、変質、変色しませんので長期間その美しさを保つ事ができます。


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2014年1月18日

奥歯の歯磨きは難しい

20代後半の女性です。
下顎大臼歯側面です。
第三大臼歯(親知らず)まで生えています。
手前から奥に行くにつれて磨ききれていないのが判ります。

奥に行くほど難しい歯磨き3.jpg

奥に行くほどに虫歯で変色した部分が大きくなっています。

奥に行くほど難しい歯磨き1.jpg


磨き残しの所は確実に虫歯になります。
第二大臼歯には大きな虫歯があります。
治療後は再発防止のために歯ブラシ指導を行います。
嗜好品などの食生活を聴いたうえで虫歯予防を考慮した決め細やかな衛生指導を行います。


奥に行くほど難しい歯磨き2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2014年1月17日


針穴から大きな空洞の虫歯へ

男子高校生です。
下顎第一大臼歯です。
この年代の虫歯の進行は恐ろしく早いのです。
エナメル質に開いた小さな針穴からあっという間に神経まで到達するような大きな空洞ができます。

定期的に検診して初期の虫歯を発見しましょう。
早期発見早期治療です。
しかしながら最も大切な事は虫歯の予防に努めることです。
定期的に歯のクリーニングとフッ素塗布を行いましょう。

針穴から大きな空洞.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2014年1月15日


下顎前歯が内側に転移しているために舌を咬む歯並び その2


舌側転移で舌を咬む3.jpg


舌側転移で舌を咬む4.jpg

舌側転移で舌を咬む5.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2014年1月14日

下顎前歯が内側に転移しているために舌を咬む歯並び その1


舌側転移で舌を咬む1.jpg

舌側転移で舌を咬む2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2014年1月11日

冷水痛の原因は歯磨き?


上の奥歯が冷水に沁みるという事で来院されました。
第二小臼歯の金属の詰め物の周辺のエナメル質がグレーな感じで変色していたため
その歯が原因と思われ診査しました。


冷水痛の原因は歯磨き1.jpg

ところがその奥の第一大臼歯が沁みていたのです。
第一大臼歯の側面に、特に歯ぐき寄りの根元が沁みる部位と特定できました。
歯磨きによるエナメル質の磨耗が原因です。
強い力で横磨きの歯ブラシは硬いエナメル質を磨耗させます。
歯ブラシの使い方を改善する必要があります。

他の要因として咬合が原因で沁みてくる事もあります。
過度の喰いしばり、噛みしめは歯にストレスを与えます。
結果神経が過敏になり冷水痛を引き起こすことがあります。

冷水痛の原因は歯磨き2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2014年1月10日

前歯先端の磨耗した部分が虫歯で黒変

60歳後半の女性です。
前歯の先端が透き通っていて黒く見えます。


前歯先端磨耗虫歯1.jpg


裏側から見ると先端が欠けてその部分が虫歯で黒ずんでいます。


前歯虫歯先端虫歯2.jpg


黒く変色した歯質を除去しました。
欠損部に歯科用硬質レジン樹脂を充填しました。


前歯先端磨耗虫歯3.jpg


裏側の黒変部の治療が完了しました。
その結果、正面から見て左右差のない透明で白い歯が回復しました。


前歯先端磨耗虫歯4.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2014年1月 8日

高齢者の歯の根元の虫歯


79歳の男性です。

年齢とともに歯が擦り減ってきます。
前歯の先端が擦り減ってガラスのように透き通っています。
細かいひび割れも見えます。

年齢とともに唾液の流出量が減少してきます。
それにより自浄作用の少ない歯の根元の虫歯が多発してきます。

高齢者の歯頚部カリエス1.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2014年1月 7日

歯列矯正治療希望で来院された17歳女子

歯並びにコンプレックスを持っている17歳の女子です。
歯列矯正希望で自ら両親を説得して来院されました。
前歯の歯列不正の矯正治療を強く希望されています。

矯正希望の17歳女子正面.jpg


この歯並びでは将来にわたってかなりのハンディキャップを負う事になるでしょう。


矯正希望の17歳女子右.jpg


高校卒業後は色々な面で治療に制約が架かってくると思います。
高校生の間に治療開始する事はこれからの人生にかなりの大きなメリットをもたらすでしょう。

矯正希望の17歳女子左.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2014年1月 6日

上顎前歯裏側の虫歯


上顎の前歯の裏側です。
側切歯の一部に銀合金を詰めています。
銀合金そのものが腐食してその周囲の歯質を黒く変色させています。

上顎側切歯舌側AFC2-1.jpg

銀合金を除去しました。
かなり深い所まで虫歯が進んでいます。


上顎側切歯舌側AFC2-2.jpg

詰めた後に不快な症状が出ないように神経を保護するお薬を塗布します。
その上からコンポジットレジンを充填しました。

上顎側切歯舌側AFC2-3.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年12月27日

左下第一大臼歯をインプラントで修復

下顎の全体像です。
以前左下にブリッジが入っていました。
下の写真は第二大臼歯が虫歯でブリッジを一部除去した後の状態です。

左下第一大臼歯インプラントスクリューリテインー1.jpg

第二大臼歯を再びブリッジの支持として使うには状態が良くありません。
よって第二大臼歯はクラウンの単独歯で負担軽減する事にしました。
第一大臼歯の欠損はインプラントで補います。


左下第一大臼歯インプラントスクリューリテインー2.jpg


治療計画通りに
第一大臼歯はインプラントのクラウン
第二大臼歯はクラウン
でそれぞれ単独の負担になりました。


左下第一大臼歯インプラントスクリューリテインー3.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年12月25日

歯列全体の拡大が必要な歯並び


7歳の女の子です。
乳歯と永久歯の混合歯列です。
おおよそ12歳までの5年間で全ての乳歯が抜け永久歯に生え変わります。
この交換期の5年間をかけてきれいな歯並びを整える事ができます。

歯列弓全体拡大ー正面.jpg

萌出するスペース不足で前歯の歯並びはすでにガタガタです。
これから犬歯、小臼歯、大臼歯と生え変わるにつれて益々萌出スペースは不足してきます。

歯列弓全体拡大ー上顎.jpg

乳歯から永久歯に生えて来る時期を利用して、萌出する力を利用していきます。
歯列全体を拡大して萌出スペースを確保します。

歯列弓全体拡大ー下顎.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年12月24日

銀合金の詰め物直下の虫歯


下顎の第二大臼歯です。
咬合面に銀合金が詰めてあります。
詰めていた金属が劣化して歯との境界にすき間ができています。


AFC2CR充填1.jpg


除去すると内部には深い虫歯(二次カリエス)がありました。
幸いな事に神経までは達していませんでしたが、歯髄を保護する薬を詰めました。


AFC2CR充填2.jpg


硬質レジン樹脂(コンポジット)を充填しました。
当日1回の治療で終了です。
一度削ってしまった歯は元にはもどりませんので最も大切な事は治療よりも予防です。


定期検診で早期発見早期治療をしましょう。

理想は歯を削らないで済む 定期検診で虫歯予防です。

AFC2CR充填3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年12月21日

歯ぎしりで犬歯がまっ平らに擦り減りました


20才の女子です。
上下の犬歯が磨り減ってまっ平らです。
歯ぎしりが原因ですがこれ以上咬耗しないように何らかの対策を考えていく必要があります。


歯ぎしりで犬歯が咬耗、1.jpg

就寝時の歯ぎしりを防止する事は不可能ですし、何らかの理由があって発現するのですから
歯ぎしりをする事はその人にとっては必要な事なのかもしれません。
寝返りすることによって同じ姿勢、体位を変えて身体のバランスを保つように歯ぎしりで顎の位置や顎関節を保護しているのかもしれません。

しかし、このまま犬歯が磨耗していくの放置する事はできません。


歯ぎしりで犬歯が咬合磨耗2.jpg

歯ぎしりをする方は顎が水平に左右に動きやすいのですが、その力の方向を前後、上下に分散
するような顎のストレッチをしてもらいます。
普段から意識して行い特に就寝前にストレッチをする事で動く方向を記憶させます。

歯ぎしりで犬歯が咬合磨耗3.jpg


マウスピースを装着する事により擦り減るのを防止する方法もあります。

歯ぎしりで犬歯が咬合磨耗4.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年12月20日

下顎奥歯の内側の擦り減り


60歳代の男性です。
奥歯の内側に物が詰まるのが気になり来院されました。
下顎奥歯を内側(舌側)から見たところです。
歯の根元がヤスリでもかけたかのようにきれいに擦り減っています。


原因は歯ブラシによる磨耗です。
強い力で横磨きをする事で擦り減ります。
根元はエナメル質が薄く咬合面ほど厚くなります。
エナメル質が磨耗して直下の軟らかい象牙質が露出すると磨耗の進行が早まります。
よって擦り減る部位は歯の根元に限局します。
歯列の外側が擦り減りやすいのですがこのように内側が擦り減る事もあります。

歯磨きの方法の改善と実質欠損部分を硬質レジンで修復します。

下顎舌側WSD.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年12月18日

前歯のすき間をセラミックベニアで修復


上顎前歯です。
もとから歯の間にはすき間がありましたが
虫歯が進んで欠けた為にさらに広がってしまったそうです。
みっともないので早く治してほしいと来院されました。

相談の結果、セラミックラミネートベニアで修復する事になりました。
セラミックを薄く削り歯の表面に接着します。
虫歯以外は余分には削りませんので歯質を保護します。
無痛で、しかも短期間で治療可能です。

前歯のすき間をセラミックベニア1.jpg

セラミックの透明さで自然の美しさを表現する事ができました。

前歯のすき間をセラミックベニア2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年12月17日

エナメル質形成不全をレジン修復

小学校低学年の子の上顎全体像です。
右上の奥の第一大臼歯が少し茶色くなっています。


エナメル質形成不全をCR充填、、、上顎.jpg

一見すると 虫歯のように見えますが、これはエナメル質形成不全です。
虫歯とは違い形成不全が進行する事は無いのですがエナメル質の結晶構造が緻密ではなく
脱灰し易いので注意しなければなりません。


エナメル質形成不全をCR充填、1.jpg

表面が滑沢ではなくプラークが付着し易い状態を改善する必要性を認めましたので
エナメル質形成不全の実質欠損部分をコンポジットレジン充填で修復しました。

エナメル質形成不全をCR充填、2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年12月16日

犬歯の捻転が原因の虫歯と歯石

下顎の犬歯が捻転しています。
捻転して生えていると隣の歯との接触がずれて食持残渣が詰まり易くなります。
その結果、接触点直下に虫歯ができました。
歯ブラシだけではきれいにできません。
デンタルフロス(糸ようじ)を使用する事をお勧めします。

犬歯の捻転による虫歯と歯石沈着1.jpg

裏側には歯石が沈着しています。
歯石を除去した後はブラッシング指導です。
歯ブラシの使い方で歯石の沈着は予防できます。
この犬歯は捻転しているので歯ブラシを当てる方向や角度などが難しいのですが、
練習する事で効率の良い適切な歯磨きが出来るようになります。


犬歯の捻転による虫歯と歯石沈着2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年12月14日

かみ合ってない歯列を矯正

歯列拡大咬合是正1.jpg


歯列拡大咬合是正2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら

2013年12月13日


萌出直後の大きな虫歯


下顎第一大臼歯です。
側面に大きな穴が空いています。
虫歯で溶けたエナメル質と象牙質を除去したらこの大きさになりました。

萌出直後大きな虫歯1.jpg


第一大臼歯は他の歯よりも虫歯になり易く喪失率が高いのです。
六歳で小さなお口の奥に生えて来ます。
歯ブラシもまだ器用に出来ない年齢です。
第一大臼歯は咬み合せの溝と側面の溝から虫歯になり易いのです。
この虫歯は側面の溝からできました。
進行が早くあっという間にこの大きさです。
この子のこれからの将来を考えると、治療後のフォローも必要になります。
定期検診で早期発見・早期予防を心がけましょう。

萌出直後大きな虫歯2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年12月11日

上の前歯の先端のエナメル質切痕

小学校高学年の女子です。
定期検診で来院されました。
エナメル質表面に白濁があり一部分脱灰しています。
この程度の初期段階ではプラークコントロールとフッ化物の応用で健全なエナメル質に戻ります。

上顎側切歯先端切痕1.jpg


真ん中の隣にある歯を側切歯と言います。


上顎側切歯先端切痕2.jpg


側切歯の先端が少し欠けているように見えます。


上顎側切歯先端切痕3.jpg


これはぶつけて欠けたり、虫歯で欠けたりしたのではありません。
先天的にこのような形態で萌出してきたのです。
側切歯は親知らずに次いで退化傾向が強く先天的に欠如したり、形態異常の発現が多い歯です。

上顎側切歯先端切痕4.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年12月10日

日常生活に支障となる歯並び  その3

日常生活支障歯並び前横.jpg

日常生活支障歯並び後横.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年12月 9日

日常生活に支障となる歯並び  その2


日常生活に支障の歯並び前上.jpg

日常生活支障歯並び後上.jpg


日常生活支障歯並び前下.jpg


日常生活支障歯並び後下.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年12月 7日

日常生活に支障となる歯並び

男子高校生です。
前歯の歯列が突出していて口が閉じません。
唇を結ぶ事ができません。
会話や食事に支障をきたします。


日常生活に支障の歯並び前上.jpg


下の前歯も重なって歯列が乱れています。

日常生活支障歯並び前下.jpg


横から見ると前歯の突出感が良く判ります。
日常生活に支障をきたすだけではなく人生にも影響するでしょう。
将来の事を考えると高校生のうちに歯並びを矯正する必要があります。


日常生活支障歯並び前横.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年12月 6日

下顎前歯のすき間を1回の治療で修復


50歳代後半の男性です。
以前から下顎前歯のすき間が気になっていました。
若い頃には矯正治療なども考えましたが、費用、治療期間その他を考慮して
結局はそのままです。
60歳に手が届きそうな今、矯正はせずにすき間を埋めてほしいという予てからの望みを
話されました。


下顎前歯隙間コンポジットレジン1.jpg

コンポジットレジン(歯科用硬質樹脂)で修復しました。
当日の1回きりの治療で終了です。
今後の経過をみないと何とも言えませんが、とりあえず望みは叶ったかな思います。

下顎前歯隙間コンポジットレジン2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年12月 4日

治療後に沁みる症状が続いた原因は


下顎の全体像です。
奥歯は左右にブリッジが入っています。
前歯は2本足りません。足りない分すき間が空いています。
来院の動機は金属のブリッジを除去して白い歯にしたいという事でした。
治療計画はブリッジ除去後インプラントを埋入して1本、1本単独でセラミッククラウンを被せる事にしました。


治療後不快感継続1.jpg


治療計画通りに進んで終了しました。
にも関わらず右下の手前第二小臼歯だけが沁みる症状が収まりません。
原因は右側が習慣性の咀嚼側で右咬みしていたためでした。
内側に骨隆起がみられます。
長年の習慣で右で強く咬む癖があるのです。
その事を説明して極力左側で咬むようにしてもらったところ暫くして沁みるのは収まりました。


治療後不快感継続2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年12月 3日


下顎第二小臼歯の虫歯

奥歯の間に物が詰まりやすくなりました。
第二小臼歯と第一大臼歯の間に虫歯ができて穴が開いたのが原因です。

下顎第二小臼歯コンポジットレジン充填1.jpg

見た目以上に虫歯は大きく広がっていました。
このサイズの虫歯の治療は必ず歯髄保護のお薬を詰めます。
治療後の痛みや、沁みるなどの不快症状を防ぐためです。

下顎第二小臼歯コンポジットレジン充填2.jpg

コンポジットレジン(歯科用硬質樹脂)を充填しました。
治療の痕跡が目立たないように自然な感じに修復します。

下顎第二小臼歯コンポジットレジン充填3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年12月 2日

咬合崩壊を義歯で回復


60歳代の男性です。
虫歯と歯周病で悲惨な状態です。


咬合崩壊を義歯回復1.jpg


上顎は全ての歯を抜歯して総義歯になりました。


咬合崩壊義歯回復2.jpg


下顎は前歯が残りましたので部分義歯で対応しました。


咬合崩壊義歯回復3.jpg

咬み合わせが整い良く咬めるようになりました。
今後は歯周病でダメージを受けた下顎の残存歯を長期間維持するための努力が必要になります。
定期検診で義歯と歯周病のチェックをしていきます。

咬合崩壊義歯回復4.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年11月30日

咬み合わせが原因の前歯の磨耗・破折 その9


66歳の男性です。
歯磨きはしっかりとできていて、お口の清掃状態は良好です。
虫歯や歯周病の定期的な管理も怠っていません。
食事に困る事は無く何でも良く咬めます。


咬み合わせ原因前歯磨耗その9-1.jpg

縦に、無数の細かいひび割れが見えます。
固い物を好んで食べるそうですが、前歯のひびや先端の破折は
それだけが原因ではなさそうです。


咬み合わせ原因前歯磨耗その9-2.jpg

下顎の前歯の歯並びが凸凹しています。
良く咬める位置を探して常に同じ所が強く咬合する事が
磨耗・破折の原因になっていると思われます。

咬み合わせが原因前歯磨耗その9-3.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年11月29日

上顎義歯を外してインプラントを入れました


60歳代の男性です。
上顎の奥歯が左右ともに欠損しています。
この部分に義歯を入れて歯の無い所を補っていました。


義歯の煩わしさ、違和感、咬みにくさ、異物感、発音障害、バネが見える審美障害、取り外す手間
バネが架かる歯の負担、、、、、などなど

この事をクリアにするのはインプラントが一番であると思い来院されました。

上顎義歯をインプラントにー2.jpg

左側は大臼歯1本、右側は小臼歯2本・大臼歯1本のブリッジにしました。
インプラントは左側1本、右側2本の計3本で対処しました。
3本のインプラントで義歯の煩わしさから開放されました。

上顎義歯をインプラントにー3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年11月27日

下顎前歯が内側に凹んでいるのをセラミックで修復

60歳代女性の下顎前歯です。
真ん中2本が内側に凹んでいるのを長年気にしていました。
写真を撮ると前歯2本があたかも無いかのように黒く写るそうです。
会話も相手の視線が気になって、つい手で口元を隠してしまう事が多くなりました。


下顎前歯セラミックベニア、前.jpg

セラミックベニアという治療法を選択しました。
歯を削らずに表面のエナメル質にセラミックの薄いシェルを接着させる方法です。
歯を削らないという事が安心に繋がります。
型を採ってその後セットで2回で治療が終了します。
セラミックの透明感、白さが自然な美しさを表現します。

下顎前歯セラミックベニア、後.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年11月26日

乳酸菌飲料の飲み方、回数に注意しましょう

三歳のお子さんです。
母親がお腹に良いという事と健康のために乳酸菌飲料を与えていました。
乳酸菌飲料は酸性度と糖分が高くて容易にエナメル質を脱灰させます。
だらだら喰いや、だらだら飲みは止めましょう。
できるだけ食後に飲ませてから、直ぐに歯磨きをしましょう。


乳酸菌飲料の多飲.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年11月25日

下顎第一大臼歯シーラント


下顎の奥歯です。
手前が第二乳臼歯で奥が第一大臼歯です。
両方とも歯の溝が虫歯で茶色く穴が空いています。
手前の乳歯は削って詰める予定です。


下顎第一大臼歯シーラント前.jpg

奥の永久歯はエナメル質を削らずに対処します。
シーラントという初期虫歯裂溝充填剤を詰めます。
シーラントはフッ素徐放性で虫歯の予防効果が持続します。
溝が滑沢になりプラークを除去し易くなります。

下顎第一大臼歯シーラント後.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年11月22日

グラついてる歯をワイヤー固定


グラついてる歯があると思うように咬めません。
食事も固い物を避けて軟らかい物を加減して食べるので美味しくありません。

歯がグラついてくる原因 
●歯周病で歯を支持する歯槽骨が吸収
●矯正治療による歯の移動
●外傷などの外部からの力による脱臼
●急性期の炎症


可能な限り上記の原因を除去・改善した後、接着性セメントで暫間固定します。

この方は歯周病で歯が動揺し移動して歯列が乱れたために歯周治療と矯正治療を施しました。
その後、暫間固定をしました。


動揺歯をワイヤー固定1.jpg

接着性セメントだけでは強度が足りずに接着が外れてしまうことがあります。
歯に加わる力がセメントの強度を上回る場合はワイヤー固定します。
ワイヤーとセメントを合わせると強度が数倍増します。
これでかなり硬い物が咬めるようになります。

動揺歯をワイヤー固定2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年11月20日

胎生期の薬剤が原因で変色した歯


白い歯がチョコレート色に変色しています。
原因は胎児の時に母親がテトラサイクリン(抗生剤)を飲んだためです。
現在は妊娠中のテトラサイクリンは特別な事情が無い限り服用はされていません。

現在では様々な方法で漂白・ホワイトニングを行っていますが、
色の後戻りや茶色い縞模様の目立ちなど
どれひとつ取っても満足のいく方法は確立していません。

テトラサイクリンによる変色歯、13,11.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年11月19日

真っ二つに割れた下顎前歯


下顎の前歯です。
真ん中に縦方向に亀裂が走っています。
真っ二つに割れています。
下顎前歯の先端が欠けたりひび割れなどはよくある事ですが、
真ん中から割れて歯根破折する事は稀です。
何か特別な応力が加わったのでしょうか。
本人は覚えていないと、、、、
まるで朽ちた木の様な色合いです。

下顎前歯の歯根破折.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年11月18日

第一大臼歯の大きな虫歯をセラミックで修復


下顎第一大臼歯です。
大きな虫歯で歯冠が大きく崩壊しています。
幸いにも神経までは達しておらず神経を保存することができました。
欠損部分を充填剤で補い歯髄保護します。

大臼歯の大きな虫歯をセラミックで13,11-1.jpg

金属の修復に比べると自然な白さで美しいクラウンが入りました。
セラミックは無機質な素材でプラークが付着しにくいのも特徴の一つです。

大臼歯の大きな虫歯セラ13,11-2ミック.jpg

大臼歯の大きな虫歯をセラミック13,11-3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年11月16日


歯列の狭窄と第二小臼歯の萌出スペース不足

 


歯列弓が左右に圧迫されています。
なぜこのような歯列になったのかわかりませんが予測としては
歯は頬と舌の間のスペースに萌出してきますので頬側の力が強く内側に押しつけられるように
なった可能性があります。
後から生えてくる第二小臼歯の放出スペースが不足して内側に生えてきたために狭窄が更に強調されてみえます。
第一大臼歯と第一小臼歯が萌出した後から生えてくる第二小臼歯には内側にしか萌出スペースがありません。

歯列弓の狭窄と第二小臼歯のスペース不足ー上.jpg

下顎も上顎と同様です。
第二小臼歯と前歯の放出スペースがあります。

乳歯から永久歯へ生え換わる時期に放出スペースを確保して適切な歯列に誘導することを

咬合誘導 といいます。

永久歯列になった今は咬合誘導はできません。
正常な咬合を得るためには上下左右の4本の第二小臼歯を抜歯して矯正治療をおこないます。
これから矯正治療を開始すると健全な歯並びになるのですが体、顎、咬合等にストレスが加わります。
咬合誘導は永久歯が萌出する生体が本来持っている力を利用するのでストレスが軽く理にかなった矯正方法です。

歯列弓の狭窄と第二小臼歯のスペース不足下.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年11月15日

歯ぐきにできたニキビのような膨らみ


上顎前歯の歯ぐきにニキビのような膨らみができました。
痛みや不快感などの症状が無かったので気づいてはいたのですが放置していました。


上顎前歯フィステル1.jpg


根っこの先端付近にできるニキビ状の膨らみは
神経が細菌感染により壊死した結果生じます。
根尖付近の骨が溶けて膿が溜まりそれが外部に漏れてきます。


上顎前歯フィステル2.jpg

放置しておくと骨吸収が進んで治療が難しくなり、更には予後不良になりやすいのです。
根っこの中をきれいに清掃してお薬を詰めた後はレントゲン検査で定期的にチェックします。
ニキビ状の膨らみを見つけたら放置せずに早めの受診を心がけましょう。


上顎前歯フィステル3.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年11月13日


上顎前歯の隣接面の虫歯に気づかず放置

上顎前歯の隣接面を拡大して見ています。
歯も歯ぐきもきれいな状態で、歯磨きは時間をかけてしっかり行っているとの事でした。

上顎前歯の隣接面カリエス1-.jpg

検診でチェックしたところ、前歯の裏側の隣接面に虫歯を発見しました。
状態を説明したらかなりショックな様子でした。
歯ブラシだけでは隣接面のプラーク除去が困難で、特に上顎前歯は虫歯になり易い部位です。
今後は糸ようじ(デンタルフロス)を使用して隣接面のプラーク除去を完璧に行うと言われました。
定期検診で磨き方や磨き残し等をチェックする事は必要で重要です。

上顎前歯隣接面カリエス2-.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年11月12日

小さな虫歯と銀合金を白い歯に治療


上顎犬歯と第一小臼歯です。
犬歯の一部分が小さな虫歯で黒ずんでいます。
その隣の第一小臼歯には銀合金の詰め物があります。

小さな虫歯とアマルガム1.jpg

虫歯で脱灰した歯質を除去しました。
銀合金も除去しました。

小さな虫歯とアマルガム2.jpg

虫歯が再発しないように、そして治療の痕が目立たないように
歯と同じ色のコンポジットレジンを充填しました。

小さな虫歯とアマルガム3.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年11月11日


咬み合わせが原因の前歯の磨耗 その8


40歳代の男性です。
上下の前歯が磨り減ってまっ平らです。
原因は歯ぎしりです。


咬み合わせ原因前歯磨耗8-1.jpg

側面から見ると平らな感じが更に良く判ります。

咬み合わせ原因前歯磨耗8-2.jpg


下顎は左右の第一小臼歯まで8本が全て平らです。


咬み合わせ原因前歯8-3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年11月 9日

咬み合わせが原因の前歯の磨耗・破折 その7


70歳代の男性です。
奥歯を多数失っています。
臼歯で咬めないので前歯に頼らざるを得ない状況です。


咬み合わせ原因前歯磨耗7-1.jpg


上顎前歯です。
エナメル質が磨耗して内側の象牙質もかなり擦り減っています。


咬み合わせ原因前歯磨耗7-2.jpg


上顎前歯には無数の亀裂が入っています。


咬み合わせ原因前歯磨耗7-3.jpg


拡大して見ると亀裂に沿ってエナメル質が剥離しています。


咬み合わせ原因前歯磨耗7-4.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年11月 8日

咬み合わせが原因の前歯の磨耗 その6

60歳代の女性です。
前歯の先端どうしがかみ合っています。
このような咬み合わせを 切端咬合 といいます。
切端咬合の場合は歯の先端の磨耗・破折が生じます。


咬み合わせによる前歯の磨耗6-1.jpg

下顎前歯の先端にひび割れが生じてエナメル質がうろこのように剥がれています。
放置すると症状が悪化するので、夜間の就寝時には無意識下の過大な咬合力を回避するためのマウスピースを使用してもらいます。

咬み合わせによる前歯の磨耗6-2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年11月 6日

転んで前歯を強打


上顎前歯です。
転んで前歯を強打しました。
先端が一部分欠けてしまいました。
見た目は気になっていたそうですが痛み等が無かったので放置していたそうです。


転んで前歯を強打1.jpg

欠けた部分が茶色く変色して虫歯になっています。
他の部分も白濁してエナメル質の脱灰が進んでいます。
前歯がこのような状態ですから奥歯は言わずもがなです。
虫歯を治療する前に、プラークコントロール・シュガーコントロールを中心にセルフケアをきちんと行ってもらうよう指導します。

転んで前歯を強打2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年11月 5日

サッカーの練習中に前歯をぶつけて破折

小学校低学年の男の子です。
サッカー練習中に相手とぶつかりました。
その弾みで下顎前歯の先端を一部破折してしまいました。


サッカー練習前歯破折1.jpg

幸いにも痛みや沁みる等の自覚症状は無く、レントゲン写真にも異常は見られませんでした。
破折した所を硬質レジン樹脂(コンポジットレジン)で修復しました。
形態は修正できましたが透明感が少し強くて色調の再現性がもうひとつ満足できませんでした。

サッカー練習前歯破折2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年11月 2日

歯頚部の茶色い虫歯を白くきれいに修復


上顎前歯です。
歯頚部が虫歯で茶色く変色しています。
高齢者は唾液が出にくくなります。
唾液の流出量が減少するとエナメル質の再石灰化が妨げられて脱灰(虫歯)し易くなります。
結果、容易に歯ブラシが届く歯頚部も虫歯になります。

歯頚部虫歯をCR充填3-1.jpg

以前治療したレジン充填の周囲も脱灰して茶色い虫歯になっています。

歯頚部虫歯をCR充填3-2.jpg

虫歯で茶色い変色した歯質を除去します。
歯科用硬質レジン樹脂(コンポジットレジン)を充填します。
最近のコンポジットレジンは品質が改良されて、使い勝手も良く自然な修復が可能になりました。

歯頚部虫歯をCR充填3-3.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年11月 1日

穴の開いた古い金属冠を白いセラミック冠に修復

下顎の第二小臼歯に金属冠が被せてあります。
長年の使用で咬合面に穴が開いていて新しいクラウンを被せる事になりました。
金属の色合いが以前から気になっていたので、この機会に白い歯を希望されました。

古い金属冠を白いセラミック冠に1.jpg

セラミッククラウンの光沢、透明感、自然な白さに大満足です。

古い金属冠を白いセラミック冠に2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年10月30日

大きな虫歯をジルコニアクラウンで修復


上顎の第一大臼歯です。
以前被せていた金属が取れてしまいました。
中には大きな虫歯ができています。


ジルコニアクラウン右上1.jpg


耐急性などを考慮して咬合面をフルカバーするクラウンをお勧めしたところ、
金属ではなく白くしてほしいとの要望がありました。
耐急性と審美性を兼ね備えたジルコニアのクラウンで修復しました。

ジルコニアクラウン右上2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年10月29日

70歳の下顎前歯の磨り減り具合

70歳の下顎前歯を裏側から見たところです。
多少プラークや歯石が付着していますが年齢を考慮すると問題なく健康な状態が
維持できているといっても良いでしょう。

下顎前歯の磨り減り70歳1.jpg

上の写真は去年で下の写真は今年です。
この一年間で前歯が著しく磨り減ってきました。
原因は特定できませんでした。

下顎前歯磨り減り70歳2.jpg

下顎前歯は薄いので硬いエナメル質でも磨耗し易いのですが、
軟らかい象牙質が露出すると更に擦り減り大きく窪んでしまいます。
硬質レジン充填をした後擦り減り具合を定期的に診査します。

下顎前歯磨り減り70歳3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年10月28日

歯ブラシの使い方と力加減

歯を白くきれいにしたい。
そういう思いが強い方は歯磨きをしっかりと念入りにします。
歯ブラシの動かし方と力加減によっては歯ぐきが退縮して歯根が露出する事があります。
歯ブラシの動かし方(ストローク幅)と力加減(強さ)と歯ブラシの硬さ等が適切かどうか
一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

歯ブラシによる歯ぐきの退縮1-1.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年10月26日

近頃の中・高校生に見られる虫歯の傾向


最近、虫歯の治療に通院する中・高校生に

「エナメル質の小さな穴から広がった虫歯が象牙質内部にかなり深くまで達している」

傾向が数多く見られます。

13,10,31-1.jpg

炭酸飲料やスポーツドリンクの飲みすぎなのでしょうか。
今年の夏は厳しい暑さが続いたので
部活の合間に多飲したのでしょうか。

13,10,31,-2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年10月25日

下顎の大臼歯の内側(舌側)にできた虫歯

この部位に虫歯ができるのは稀です。
下顎大臼歯の内側は舌が接触して汚れなどが付着しにくい自浄性がある部位なのです。
虫歯の治療が一段落したら原因を究明する必要があります。
何故ならば再発の可能性が高いからです。


下顎舌側平滑面う触1.jpg

第二大臼歯は、かなり大きな虫歯です。


下顎舌側平滑面う触2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年10月23日

上顎の親知らずの歯根形態

上顎第三大臼歯(親知らず)を抜歯しました。
この親知らずの歯根形態に注目です。
歯根が太くてがっしりとした感じで、強い咬合力にも耐えられそうです。
体格の良い男性から抜歯しました。

上顎第三大臼歯歯根1.jpg

この歯根形態は細くて湾曲しています。
細身の女性から抜歯しました。
一概には言えませんが歯根形態は骨格や咬合力に影響されることもあり得ます。

上顎第三大臼歯歯根2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年10月22日

喫煙者の歯を望むように白くする事は大変


上顎全体像です。
喫煙者に良く見られるヤニの沈着があります。
奥歯に虫歯が何本かあります。


喫煙者は思うように白くはならない1.jpg

虫歯を治しました。
ヤニも取りました。
でも数日でヤニが沈着してきます。
喫煙習慣を克服しない限り歯を白くするのは難しいのです。

喫煙者は思うように白くはならない2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年10月21日

検診で見つかった小さな虫歯?その2

上顎第一大臼歯です。
検診で小さな虫歯が見つかりました。
一部分を削ってみると中は空洞が広がっていました。
見た目と虫歯の大きさのギャップに驚きました。

検診で見つかった小さな虫歯?その2-1.jpg

う触検知液で罹患歯質をチェックしました。
内部の虫歯の広がりは相当な大きさです。
もう少し発見が遅れたならば虫歯は神経まで達していたでしょう。
定期検診の重要性を改めて認識しました。


検診で見つかった小さな虫歯その2-2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年10月19日

奥歯のブリッジをメタルからジルコニアに交換


奥歯を治療してかなりの年数が経過しています。
軟らかいものさえ上手く咬めないという事で来院されました。
ブリッジを支える歯が虫歯でぼろぼろに欠けています。


奥歯のブリッジをジルコニアに1.jpg

メタルブリッジを除去した後、ブリッジを支えられる歯は残しました。
支持できない歯は抜歯後インプラントに置換しました。
新しいブリッジは審美性および強度を考慮してジルコニアの材質を選択しました。

奥歯のブリッジをジルコニアに2.jpg

下顎も上顎と同様に左右のブリッジを除去しました。

奥歯のブリッジをジルコニアに3.jpg

ジルコニアブリッジが装着されました。
暗い金属色から明るい白いきれいなブリッジに様変わりです。

奥歯のブリッジをジルコニアに4.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年10月18日

検診で見つかった小さな虫歯?

左上の犬歯です。
検診で虫歯が見つかりました。
しみるなどの自覚症状は全く無く当然ながら本人はここに虫歯がある事は知り得ません。

エナメル質を温存するために小さな穴を開けました。
中はかなり深くまで虫歯が広がっていました。

検診で見つかった小さな虫歯.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年10月16日

歯石除去のために来院された方のお口の状態は

歯石除去(スケーリング)が希望で来院されました20代後半の男性です。
お口の中を拝見するととても良い状態でした。
お聞きしたところかなり気を付けて念入りに時間をかけて歯ブラシをしているそうです。

歯石除去希望で来院1.jpg

奥歯は歯ブラシが届きにくく汚れがちなのですが
奥までしっかりと磨けていました。

歯石除去希望で来院2.jpg

上顎前歯の裏側です。
汚れ(プラーク)・着色(ステイン)が付着していても裏側は見えにくいので歯ブラシで
きれいにするのは難しいのですが、
ほぼ完璧です。

歯石除去希望で来院3.jpg

下顎前歯の裏側です。
同じくほぼ完璧です。

お口の中に歯石は付着していませんでした。
しかし良く見ると歯間に少し着色があります。
それと部分的に歯ぐきが腫れて触るとブヨブヨしている所がありました。

歯ブラシのあて方、角度、ストローク幅を少し工夫するだけでさらに完璧な状態になります。

歯石除去希望で来院4.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年10月15日

歯根破折による歯ぐきからの出血

歯ブラシはきちんとやってるのですがこの歯だけは出血が収まらないのです。
それに臭うので口臭の原因になっているかもしれない。

上記の主訴が歯周病からくる症状と思い歯ブラシを頑張ってみたものの症状が改善されないので来院されました。

第二小臼歯と第一大臼歯の間の歯ぐきが腫れて出血しています。


歯根破折による歯ぐきから出血1.jpg


舌側から見ると第一大臼歯の歯根に破折線が見られました。
本人は咬合痛や冷水痛等は無く歯ぐきからの出血が主な症状なので歯周病が原因と思って
来院されたので根っこが割れていることに驚いていました。
レントゲン写真撮影後クラウンを除去しました。
中を確認すると保存不可能な歯根破折なので抜歯する事になりました。


歯根破折による歯ぐきから出血2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年10月12日

咬み合わせによる前歯の磨耗 その5


20代後半の女性です。
咬み合わせの特徴は前歯の先端で咬みあっている事です。
ヤスリでもかけたかのようにまっ平らに擦り減っています。
本人曰く 今現在はそうでもないのですが以前は歯ぎしりがひどくかなり気になっていたそうです。


咬み合わせによる前歯の磨耗その5ー1.jpg


歯ぎしりによる横(水平)への咬合力はかなり強くて平らに擦り減っています。
噛みしめ・食いしばり等の縦(垂直)への咬合力は比較的に弱いのかひび割れ等の状態は見られません。
これから先の事を考えると咬合状態を診査して磨り減り具合を確認する必要性はあります。
定期検診は半年に一度位の目安で来院していただく事になりました。

咬み合わせによる磨耗の磨耗その5ー2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年10月11日

咬み合わせによる前歯の磨耗 その4

上下の歯がしっかりとかみ合っています。
上の犬歯の先端が擦り減っています。
歯ぎしりをする事で犬歯の先端が平らに擦り減ってしまいます。
良く見ると無数のひび割れが見られます。
これは歯に縦方向のストレスが加わったためで 噛みしめ(くいしばり)等が原因です。

咬合による前歯の磨耗その4-1.jpg

咬合による前歯の磨耗その4ー2.jpg

咬合による前歯磨耗その4ー3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年10月 9日

咬み合わせによる前歯の磨耗 その3


その2の21歳男性の正面観です。


咬み合わせによる前歯の磨耗13,10,9.jpg


その1の60歳代の男性の正面観です。


咬み合わせが原因で前歯が磨耗1.jpg

60歳代の方の40年前の写真を見たいのですが残念ながらありませんでした。
21歳の方の前歯の咬み合わせはかなり深く咬みこんでいて緊密に接触しています。
このまま放置すると将来は同じような経過を辿り、前歯が擦り減ってしまいます。
歯ぎしりの防止対策をしていくのと併せて定期的に磨耗状態をチェックしていきます。

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年10月 8日

咬み合わせによる前歯の磨耗 その2

一つ前のブログ、その1は60歳台の方です。
この方は21歳の男性です。
60歳の咬み合わせに比べて擦り減り具合が少ないのが判ります。
40年後は同じように擦り減っているのでしょうか。


擦り減って薄くなっていた所が欠けてしまいました。


咬み合わせによる前歯の磨耗2-上.jpg

下の前歯も同様に欠けてしまいました。

咬み合わせによる前歯の磨耗2-下.jpg

拡大して見ると無数のひび割れが確認できます。
かなり強い力が加わって欠けているのですが咬合力によって欠けている事をを本人は自覚していません。
歯ぎしりや噛みしめが歯にどのような影響を及ぼすのかを理解していただいた上で、磨耗状態を定期的にチェックして対処する必要があります。

咬み合わせによる前歯の磨耗2-下ー拡大.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年10月 7日

咬み合わせによる前歯の磨耗


前歯がきっちり咬みあっています。
上下の歯がくっ付いてすき間が全くありません。
左側より右側の磨耗が大きいのがわかります。
右側への歯ぎしりが強いのでしょうか。


咬み合わせが原因で前歯が磨耗1.jpg

硬いエナメル質がヤスリをかけたように擦り減っています。


咬み合わせが原因で前歯が磨耗2.jpg

裏側から見るとエナメル質は、のこぎりのようにギザギザに擦り減っています。
象牙質もかなり深くまで磨り減っているのがわかります。

咬み合わせが原因で前歯が磨耗3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年10月 5日

溝にできた虫歯は意外と深い


裂溝の虫歯は意外と深い1.jpg

裂溝の虫歯は意外と深い2.jpg

裂溝の虫歯は意外と深い3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年10月 4日

舌を咬みやすい歯並びの矯正


会話や食事中に舌を咬んでしまうので不自由を感じるという事で来院されました。
下顎の全体像です。
右下の前歯が重なって生えています。
この内側に位置する歯が支障をきたしています。


右下2番抜歯MTM1.jpg

治療方針は抜歯後空いたスペースを矯正して閉鎖する事にしました。
同意を得られたのでまずは抜歯です。


右下2番抜歯MTM2.jpg

抜歯した直後から舌を咬まなくなりました。
食物残渣が詰まらなくなりました。
空いたスペースから息が漏れるのが気になるとの事でしたが今後の矯正治療で改善される事を伝えました。

右下2番抜歯MTM3.jpg


捻転した前歯を空いたスペースに移動させる矯正治療の開始です。

右下2番抜歯MTM5.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年10月 2日


下顎前歯の先端欠損を即日修復


下顎前歯です。
ぶつけた拍子に先端が欠けてしまいました。
前歯の先端は薄いので意外と欠けやすいです。


下顎前歯先端破折2-1.jpg

良く見える部位なので極力目立たないように自然な感じに修復しました。
強度、耐急性は、欠ける前に比べると弱いので少し意識して咬んでもらうようにします。


下顎前歯先端破折2-2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年10月 1日

上顎の多数歯欠損をインプラントで修復

上顎の左側が多数歯欠損しています。
咬合を回復するには義歯、ブリッジ、インプラントの三種類があります。
この状態でブリッジの設計は力学的に無理があります。
義歯は今まで装着していたのですが不便を感じながらも我慢して使用していたとの事でした。
今後は義歯を使用しない自分の歯のように咬めるインプラントを希望されました。

左上多数歯欠損をインプラント1.jpg

4本の欠損歯に3本のインプラントを埋入しました。
力学的に安定する位置で咬合力には3本で充分耐えられる設計です。

左上多数歯欠損をインプラント2.jpg

上部にはブリッジを装着します。
ブリッジの素材は硬く耐磨耗性があり強靭で耐久性のあるジルコニアを使用しました。


左上多数歯欠損をインプラント3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年9月30日

可徹式矯正装置による上顎の拡大 その2

その1を側方から見たところです。


拡大床による咬合の変化3.jpg


歯並びが整ってきているのが判ります。
あと少しできれいな歯並びになります。
理想的な歯並びにはもう少し治療期間が必要です。


拡大床による咬合の変化4.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年9月28日

可徹式矯正装置による上顎の拡大 その1


上顎の全体を見たところです。
顎が小さい為に歯がきれいに並ぶスペースが不足しています。
右側の犬歯のスペース不足が顕著です。
萌出スペースの確保のために右側第一大臼歯を後方に移動する事にしました。
そのための可徹式矯正装置を装着しました。


拡大床による咬合の変化1.jpg

約9ヶ月経過して右側犬歯が萌出してきました。
しかし、前歯の重なり具合から萌出スペースが足りない事がわかります。
新たに側方拡大装置を作製しました。
理想的な歯並びを目指して上顎を拡大していきます。


拡大床による咬合の変化2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年9月27日

舌にメラニン色素が沈着


舌の表面に茶褐色の色素が沈着しています。
メラニン色素です。

舌のメラニン色素沈着1.jpg

舌のメラニン色素沈着2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年9月25日

萌出直後の永久歯の溝の深さ


上顎の第一、第二小臼歯、および第一大臼歯を上から見たところです。
渓谷のように高い山あり、深い谷ありです。


萌出直後の永久歯の溝の深さ咬合面.jpg


側面から観察するとさらに際立って見えます。
この溝を歯ブラシできれいにする事ができるのでしょうか。
自己流では難しいと思われます。
定期的に来院されて 磨き残しの無い歯磨きの練習と虫歯予防のフッ素塗布を行いましょう。


萌出直後の永久歯の溝の深さ側面.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年9月24日

エナメル質の発育成長線


エナメル質表面を良く観察してください。
無数の横に走るスジが見えます。
これはエナメル質が7~10日の周期で形成されるために生じる発育成長線です。
横断面では樹木の年輪のような文様として見られます。

レッチウス条.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年9月21日

全ての歯を白い美しい歯に再治療

お口の中にはこれまで治療してきた様々な物が詰まっています。
中には金属が変色、腐食して黒ずんでいる物さえあります。
長年の治療の積み重ねなのですが、術前の写真を撮影してお見せしたところ
愕然としていました。
直ちに全ての歯をきれいに白くしてほしいと訴えられました。

全ての歯を白くー術前上.jpg

全ての歯を白くー術前下.jpg


約一年の治療期間で通院に大変でしたが、結果はこのように希望通り白く自然な感じの美しい歯になりました。

全ての歯を白くー術後上.jpg

全ての歯を白くー術後下.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年9月20日

磁石で安定する義歯


下顎の総義歯です。
一見すると普通の入れ歯ですが裏側を工夫しています。

マグフィット義歯ー咬合面.jpg


根っこが三本残っています。
それぞれに磁力を受け止めるキーパーという金属を被せます。


マグフィット義歯ーキーパー.jpg


義歯の裏側にマグフィットという磁石を埋め込みます。
磁力で義歯を吸着して安定させます。
根っこの状態にもよりますが一本で500から1000g位の磁力が発揮できます。
下顎の総義歯は舌の動きにより不安定で動く事により、食片の圧入や疼痛が生じ易いのですが
これなら安心です。


マグフィット義歯ー裏側.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年9月18日

口唇の裏側におでき


口唇の裏側におできができました。
いつからなのか判らないけど気づいたらできていたそうです。
気になって舌で触ってしまうので何とかしてほしいと来院されました。


粘液のう胞13,9-1.jpg


このおできは粘液のう胞です。
唾液腺の開口部が口唇に出来てのう胞を形成しました。
麻酔下で切除しますと簡単に治りますが稀に再発する事があります。

粘液のう胞13,9-2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年9月17日

八重歯

八重歯典型的正面.jpg


八重歯典型的上.jpg


八重歯典型的下.jpg

八重歯典型的左側.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年9月14日

歯の表面が茶色いのは何故


歯の表面、エナメル質が変色しています。
茶色で透明感がありません。
健康なエナメル質の表面は硬く滑らかで透明です。
この写真では第一小臼歯の一部が茶色く変色しています。

これは虫歯ではなく エナメル質形成不全 です。

エナメル質形成不全とは
歯の形成される過程で何らかの原因でエナメル質が完全に形成されずに一部分が変質した状態
をいいます。

  
エナメル質形成不全左上4-1.jpg


白く修復したい場合は茶色い部分を削って歯科用硬質樹脂(コンポジットレジン)を詰めます。


左上エナメル質形成不全2-1ー2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年9月13日

下顎臼歯4本の大きなブリッジ


右下の奥歯が2本欠損しています。
第二小臼歯と第一大臼歯が欠損しています。
手前の第一小臼歯と奥の第二大臼歯でブリッジを支えます。

右下4567番ジルコニアブリッジ1.jpg


右下4567番ジルコニアブリッジ2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年9月11日

デコボコをジルコニアクラウンですっきりと

でこぼこをジルコニアクラウンでスマートに1.jpg

でこぼこをジルコニアクラウンでスマートに2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年9月10日

根っこが割れた保存不可能な歯を抜いて同時にインプラント埋入


左上の第一大臼歯です。
虫歯で歯質が崩壊しています。
その上、根っこが割れて保存不可能です。
いくつかの治療方法ありますが、その中からインプラントブリッジを選択されました。


左上スクリューリテインブリッジ1.jpg

第一大臼歯を抜歯します。
抜歯と同時にインプラントを埋入しますので (抜歯即時埋入法) 外科処置は一度で済みます。
約4ヶ月が経ちきれいに治りました。
歯ぐきの状態も良好です。

左上スクリューリテインブリッジ3.jpg

スクリューリテイン(ネジ止め式)ブリッジを装着しました。
ネジ止め式の利点はメインテナンス時に容易に取り外してチェックできる点です。
ネジ穴は塞ぎますので見た目も、咬みあわせも心配いりません。

左上スクリューリテインブリッジ5.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年9月 9日

残根を引っ張り出して再利用

6月18日のブログです。

上顎第一小臼歯です。
虫歯で歯冠のほとんどの部分が欠けてしまいました。
歯根を有効利用するために矯正して引っ張り出す事にしました。


エクストルージョン上顎小臼歯1.jpg

歯根を挺出させることにより治療の精度が向上して、より長持ちするクラウンができます。
治療期間が多少長くなりますが条件の悪い歯をより長持ちさせるためには必要な処置です。

エクストルージョン上顎第一小臼歯2.jpg


本日のブログです。


約2ヶ月かけて根っこを挺出させました。
予定通りの位置まで引っ張りあげる事ができました。


残根再利用その後1.jpg


挺出する事により、削って歯型を採るのが容易になりました。
その結果、きれいなクラウンを装着する事ができました。
治療時間、治療回数が増えますが適合精度の良いクラウンは長持ちします。

残根再利用その後2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年9月 7日

金属のバネが無い義歯は見た目が自然で目立たない

義歯を使用している方が気にする事は沢山あります。
なかでも金属のバネが見えるのを気にする事が多いです。
銀色のバネを目立たない色に変えてほしいとか、バネそのものを無くしてほしいとか、
様々な要望があります。

ノンクラスぷ義歯1.jpg


前歯に金属のバネが見えると不自然で違和感を覚えます。
今回装着した義歯は金属のバネを使用していません。
歯ぐきと同じ色の樹脂性のバネです。


ノンクラスぷ義歯2.jpg


小臼歯2本を補う義歯です。
犬歯に金属のバネが架かると目立ちます。


ノンクラスぷ義歯3.jpg

ノンクラスプ義歯4.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年9月 6日

永久歯が左右対称的に生えて来ないのは何故 その2

8月10日のブログです。

永久歯の萌出時期がずれています。
結果左右対称ではなく不揃いの歯並びです。
何か原因があるはずでレントゲン写真を撮ってみたところ、左側の乳歯の奥に過剰歯が埋伏
していました。
この埋伏過剰歯が永久歯の萌出を妨げていたのです。
この乳歯と埋伏過剰歯を抜歯するときれいに生え揃うはずです。
その結果は後日ブログに記載します。(8月10日)

本日のブログです。

その後来院されて埋伏過剰歯を抜歯しました。
下の2本は乳前歯です。
上の歯が埋伏過剰歯でしかも生え方が逆向きで上下さかさまになっていました。
この歯が後続の永久歯の萌出を妨げていました。


乳歯逆性埋伏過剰歯.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年9月 4日

金属の詰め物をセラミックの白い歯に再治療


当院では基本的にメタルフリーな治療を心がけています。
金属を使用しない白い歯は自然な感じがして美しいからです。
金属を使用しないのでアレルギーの心配がないからです。


金属の詰め物をセラミックインレーに1.jpg


虫歯で金属を除去した場合には第一選択がメタルフリーの詰め物です。
真っ先にお勧めします。
詰め物には大きく分けて2種類あります。
レジン系とセラミック系です。


金属の詰め物をセラミックインレーに2.jpg


この症例はセラミック系の詰め物で修復しました。
透明感があり自然な白さです。硬くて強度も充分です。

金属の詰め物をセラミックインレーに3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年9月 3日

歯冠破折した根っこを長持ちさせるには

上顎第二小臼歯です。
食事中に歯が割れてしまいました。
歯冠部が割れて歯ぐきの中まで達しています。


上顎第二小臼歯矯正挺出1.jpg


この深さでは正確な治療をするのは困難です。
歯ぐきからの出血などがあり明確な歯型の印象が採れないからです。


上顎第二小臼歯矯正挺出2.jpg


矯正的に引っ張りあげる事により破折部分が明確になります。
歯根にフックを付けました。
前後の歯にワイヤーを架けて固定源にしてゴムで引っ張りあげます。
治療回数は増えますが正確な治療をする事により長持ちします。

上顎第二小臼歯矯正挺出3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年9月 2日

虫歯を削るのは必要最低限で


左上の奥歯です。
第二小臼歯に大きな穴が空いています。
手前の第一小臼歯も虫歯があり小さな穴が空いています。


歯質温存治療1.jpg


エナメル質は極力残して、虫歯で脱灰した軟化象牙質のみを削ります。
神経の近くまでの深い虫歯です。
沁みたり、咬合痛などの症状が無いようにお薬を詰めて、その上からセメントを詰めます。


歯質温存治療2.jpg


あとは、歯科用硬質樹脂(硬質レジン)を充填します。
歯質の切削を最小に留めて最大の効果を得られる治療法です。


歯質温存治療3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年8月31日

下顎乳前歯の先天的欠如と癒合歯

上下の歯がしっかりとかみ合っています。
丈夫な歯と咬み合わせです。
下顎前歯には永久歯が2本生えてきました。

問題はその隣の乳歯です。

下顎乳前歯の先欠と癒合歯1.jpg

右側の乳歯が1本足りません。
先天的欠如です。
左側の乳歯は2本が癒合しています。

下顎乳前歯の先欠と癒合歯2.jpg

これからは、このリスクを乗り越えて虫歯の無い健康的なきれいな歯並びを目指して行きます。
その為には定期的にチェックして歯並びを誘導していく必要性が生じます。
成長発育期に合わせた咬合誘導は生体にストレスを与えない理にかなった方法です。
先手、先手で治療する事により最小の治療で最大の効果を発揮する事ができます。


下顎乳前歯の先欠と癒合歯3.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年8月30日

下顎前歯の重度歯周病

下顎前歯です。

歯の間から良く判らないけど何か石見たいな物が取れて出血するので見てほしいという事で来院されました。

歯ぐきが腫れて出血しています。
出血の原因は大きな歯石が剥離したためと考えられました。
レントゲン写真では付着している歯石が確認できました。
重度の進行した歯周病です。

重度歯周病下顎前歯1.jpg

歯周病の処置の基本は炎症による末梢血管の血流の改善です。
炎症の原因である歯石、プラークを除去します。
歯ぐきの血流改善は軟らかい歯ブラシから始める歯ぐきのマッサージです。
基本的な処置で症状はかなり改善されました。


重度歯周病下顎前歯2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年8月28日

虫歯になり易い部位 その3


上顎の前歯です。
きれいに磨けているのがわかります。
この状態を維持するのは大変なことです。

虫歯になり易い部位その4ー1.jpg


一生懸命磨いていたにもかかわらず
裏側から歯と歯の間に虫歯ができてしまいました。
この部位は歯ブラシだけでは歯間の汚れが取りきれずに虫歯になり易い部位なのです。
この部位は歯ブラシの毛先が届かないのでフロス(糸ようじ)が効果的です。
毎食後のフロスが大変ならば就寝前だけは必ず行いましょう。
フロスで汚れをかきだした後に歯ブラシをしましょう。

虫歯になり易い部位その4ー2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年8月27日

虫歯になり易い部位  その2の2


その2と同じ所が虫歯です。
他院にて10年以上前に治療した記憶があるそうです。
今では使用しない銀合金を詰めた為に銀イオンが象牙質に入り込んで
黒く変色しています。


虫歯になり易い部位その3-1.jpg

銀合金その物も腐食してぼろぼろに欠けた状態です。
除去した後、その周囲の虫歯になった歯質も整理します。


虫歯になり易い部位その3ー3.jpg


エナメル質表面は再石灰化します。
因って極力エナメル質は温存します。
結果、一部分に黒変した歯質が残っていますがそのままで充填しました。


虫歯になり易い部位その3ー2.jpg

金属イオンの無いレジン系のセメントを充填しました。
今後、再発しないかどうか定期検診でチェックしていきます。

虫歯になり易い部位その3ー4.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年8月26日

虫歯になり易い部位 その2


上顎前歯を裏側から見たところです。
真ん中の歯の隣の歯が左右ともに虫歯になっています。
この部位は窪みがあって汚れが落ちにくく磨きにくい部位です。
窪みが深く中まで裂溝が続いている歯もあります。
検診では当然ながらこの部位もチェックしますので窪みが深く虫歯になり易い
状態が見つかったら予め予防処置を施す事もあります。

虫歯になり易い部位 その2-1.jpg

左側の虫歯が特に深くまで進行していました。
定期検診の重要性を再認識させられる症例です。
早期発見早期治療が必要ですが、それよりも大事な事は虫歯の予防です。
いずれにせよ定期検診の必要性はいうまでもありません。

虫歯になり易い部位 その2-2.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年8月24日

歯石が付着し易い部位


歯石は歯面ならどこでも付着します。
その中で特に付着し易い部位があります。
下顎前歯裏側と上顎第一大臼歯頬側面です。
この部位の近くに唾液腺の開口部があり常に唾液が出ています。
この唾液中のカルシウム等のミネラルがプラークを石灰化して歯石になります。

この写真は下顎前歯裏側です。
定期的に来院されてスケーリングする事をお勧めします。


歯石が付きやすい部位.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年8月23日

虫歯になり易い部位


以前にも何回か書きましたので過去の記事も参考にしていただけると幸いです。
下顎第一大臼歯の頬側面には縦に走る裂溝があります。
この溝はけっこう深く窪んでいて磨くのが困難な箇所です。
因って萌出直後に虫歯になってしまう子がいます。
第一大臼歯の萌出時期はおおよそ6歳です。
この写真の子は15歳で萌出から9年経過しています。


下顎第一大臼歯頬側裂溝側面.jpg


奥が第二大臼歯でその手前が第一大臼歯です。
上から見ると第二大臼歯に比べて第一大臼歯は頬側面が窪んで裂溝があるのが判ります。


下顎第一大臼歯頬側裂溝咬合面.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年8月21日

萌出間もない永久歯の虫歯


手前が乳歯、奥が永久歯です。
奥の永久歯は第一大臼歯で六歳頃に萌出してきます。
萌出して間もないのに既に虫歯で穴が空いています。
手前の乳歯は虫歯で治療した痕があるにもかかわらず再発しています。
プラークコントロールができていない口腔内環境では萌出直後の永久歯は
直に脱灰してしまいます。
幼弱永久歯のエナメル質は結晶構造が粗く脱灰しやすいのです。
エナメル質は唾液中のカルシウム等のミネラル分を取り込んで結晶構造が緻密になります。
よって年齢を重ねる程、耐酸性が向上して脱灰しない硬いエナメル質に成長していきます。

鈴木 優斗_2013.08.09_A004.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年8月20日

50歳成人の歯並びの矯正


下顎前歯の歯並びが凸凹していている事が気になって矯正希望です。


成人矯正下顎前歯1.jpg


下顎全体に虫歯と歯周病の予防がきっちりできています。
お口の事にはかなり気をつけていらした中で、歯並びがずっと懸案だったそうです。
今回、思い切って矯正治療に踏み切りました。

成人矯正下顎前歯2.jpg

前歯だけの部分矯正です。
歯をワイヤーで結擦して矯正力を加えます。

成人矯正下顎前歯3.jpg

約4ヶ月で終了です。
裏側のワイヤーは後戻り防止のための固定です。


成人矯正下顎前歯4.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年8月19日

拡大装置による順調な歯列拡大

矯正治療について良く聞かれる質問の一つに治療の開始時期、タイミングがあります。
歯の萌出力、骨格の成長発育の力を利用してその中で自然に歯並びを整えていくのが
生体に無理なストレスを加えずに行えるベストなタイミングです。
よって個人差がありますのでその子の成長期、歯の萌出時期を様々な角度から診査、診断してベストな時期を探って行きます。

拡大装置による順調な拡大1.jpg


この方はベストなタイミングで拡大装置を入れました。
よって短期間で、生体に過剰な負担をかける事無く順調に理想的な歯並びになりました。


拡大装置による順調な拡大2.jpg

乳歯が抜けた後は充分な萌出スペースがあるので永久歯へ生え変わりは自然になるでしょう。

拡大装置による順調な拡大3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年8月10日

永久歯が左右対称的に生えて来ないのは何故


永久歯の萌出時期がずれています。
結果左右対称ではなく不揃いの歯並びです。
何か原因があるはずでレントゲン写真を撮ってみたところ、左側の乳歯の奥に過剰歯が埋伏
していました。
この埋伏過剰歯が永久歯の萌出を妨げていたのです。
この乳歯と埋伏過剰歯を抜歯するときれいに生え揃うはずです。
その結果は後日ブログに記載します。

埋伏過剰歯による萌出不全1.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年8月 9日

歯ブラシによる歯ぐきの退縮


自己流で歯ブラシを使っている方が大半です。
それなりに磨けているのですが中には歯ぐきを傷つけたり、歯の表面のエナメル質や象牙質を
磨耗させたりしている方がいます。


下顎前歯フェストーン1.jpg


下顎前歯の写真です。
歯ぐきが下がって歯根表面が露出しています。
歯根表面は磨耗して窪んでいます。
下がった歯ぐきは帯状に膨らんでいます。
原因は歯ブラシの使い方にあります。
強い力で横磨きをするために歯ぐきが下方に押しやられているのです。


下顎前歯フェストーン2.jpg


このような歯磨きを続けていると歯根の磨耗と露出がひどくなる一方です。
適切な歯ブラシの使い方を学びましょう。
虫歯や歯周病の予防法は歯ブラシが教えてくれます。


下顎前歯フェストーン3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年8月 7日

インプラントの治療手順・流れ


保存不可能な根っこがあります。
抜歯と同時にインプラントを即時に埋入します。
これなら外科処置が一度で済みます。

インプラント治療の流れ1.jpg


約3ヶ月間の治癒期間を置きます。
その間にインプラントは周囲の骨と結合して咬合力に耐えられまでに強固になります。


インプラント治療の流れ2.jpg


3ヵ月後にインプラント周囲の歯肉をきれいに切除して整えます。
型(印象)を採取して次回クラウンをセットします。


インプラント治療の流れ3.jpg

ネジ止め式のクラウンを装着します。
ネジ穴は仮封しますので日常生活には支障ありません。
ネジ止め式にする理由は取り外して完璧なメインテナンスが可能だからです。

インプラント治療の流れ4.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年8月 6日

オールセラミッククラウンで自然な色・形の前歯が復活


前歯が不自然な感じで気になるので自然な感じにきれいに治したいという理由で来院されました。
歯並びが気になるのかと思い聞いてみたら、八重歯ではなくその手前のクラウンをきれいにしたいという事でした。
八重歯が目立つのは我慢できるのですが、手前の歯の根元の変色がより気になるので何とか
したいという思いで来院されたのです。

右上2マージン黒変セラミック1.jpg

よく見るとクラウンの境界が黒くて、根元が膨らんでいます。

右上2番拡大術前.jpg

オールセラミッククラウンで修復しました。
メタルフリーなので金属色の境界は無くなり自然な色合い、形態になりました。

右上2マージン黒変セラミック2.jpg

希望が叶って喜んでもらえました。

右上2番拡大術後.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年8月 5日

汚れ(ステイン)が付着しにくいセラミッククラウン


この方の嗜好品がタバコとコーヒーです。
歯の表面にはタバコのヤニ(ニコチン、タール)、コーヒー等の色素(タンニン)が沈着して汚れてきます。
自分の歯の汚れ(ステイン)とは対照的セラミッククラウンは白く輝いています。

セラミックは汚れが付着しにくい頬.jpg

歯にステインが沈着するのは?

エナメル質表面は唾液が付着して作られるぺリクルという膜で覆われています。
その膜の上にコーヒー、お茶のタンニン、タバコのニコチン等が唾液中のカルシウムや金属イオンと結合してできたものが沈着してステインになります。

セラミッククラウンは汚れが付着しにくい舌側.jpg


セラミッククラウンがいつまでも白いのは?
セラミッククラウンの表面にはぺリクルが存在しないからです。
従ってステインは沈着しません。


セラミッククラウンは汚れが付着しにくい咬合面.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年8月 3日

透明で目立たない矯正装置


前歯が出ているのと歯のすき間が気になって来院されました。
横から見ると前歯の傾斜とすき間が良くわかります。


透明な矯正装置13,8-1.jpg


目立たない矯正装置を希望されましたので
このように透明で取り外しのできる装置を入れました。
この装置は月に一度来院してもらい装置を新たにします。
歯の移動とともに歯型を取り、歯の移動を予測した新しい装置を入れます。

透明な矯正装置13,8-2.jpg


見える矯正装置(ワイヤー&ブラケット金具)よりは治療期間が若干長くなります。
期間が長くなりますが装置が目立たない分、治療に対するストレスは軽減されるようです。

お望みのきれいな歯並びになりました。

透明な矯正装置13,8-3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年8月 2日

上唇のスジ(小帯)が張っている その2


7月24日の続きです。
本人、保護者同意の下に外科処置をしました。
術後の腫れや痛みも無く経過良好でした。
1週間後の治癒の状態です。
張っていたスジは無くなり、口唇は自由に伸びるようになりました。

上唇小帯切除術前、術後1.jpg

上唇小帯切除術前、術後2.jpg

歯間に存在する小帯の繊維性組織をしっかり掻爬しました。
すき間が無くなり、ぴったりとくっ付いてきれいな歯並びになる事でしょう。


上唇小帯切除術前、術後3.jpg


上唇が自由に動くことにより発音障害等の機能障害は無くなります。
歯ブラシも上手にあたって磨きやすくなるでしょう。


上唇小帯切除術前、術後4.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年7月31日


下顎第一大臼歯の萌出初期の虫歯

下顎第一大臼歯は永久歯の中で虫歯になる率が高く、喪失率も高いのです。
萌出してすぐに虫歯になる事が多いのは、萌出時期が六歳頃で器用に磨けないのと
乳歯と比べて溝が深く磨ききれない為です。


下顎第一大臼歯裂溝う触1.jpg

下顎第一大臼歯裂溝う触2.jpg


下顎第一大臼歯裂溝う触3.jpg


下顎第一大臼歯裂溝う触4.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年7月30日

金属の詰め物と歯のすき間


検診のために来院されました。
問診では日常生活で特に気になる事や異常はないという事でした。
精査して見ると上顎第一大臼歯に詰めていた金属と歯の間にすき間が見つかりました。

冷たい物や甘い物に沁みたり痛みを感じたり、
舌ざわりで異常を感じたり、
歯間に物が詰まりやすくなったり、
咬合痛や歯が浮いた感じがしたり、

等の症状があると、もしかしたら虫歯かなと疑いますが、症状が無いと自覚すらできません。

検診では視診、レントゲンによるX線診、などで多角的に診査します。
小さな異常も早期に見つかります。
早期発見、早期治療で一生自分の歯で過ごしましょう。


金属と歯のすき間.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年7月29日

スペース過多による歯間離開

歯の萌出スペースが不足してきれいに並びきれない方が多い中で、
このようにスペースがあり過ぎる方も中にはいらっしゃいます。
通常は歯同士がくっ付いて並ぶのですが、 このスペースは何か原因があるはずです。
遺伝なのか、環境なのか、習癖なのか、、、、、、
次回 来院されたとき詳しく診査、診断したいと思います。

スペース過多による歯間離開.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年7月27日

口腔内で腐食する銀合金


上顎第一大臼歯です。
黒い金属が詰めてありその表面がボソボソになっています。
この黒い金属はアマルガムという銀合金です。
厚生労働省の認可済みの歯科材料です。
以前は(約30年以上前)頻繁に使われていました。
さすがに最近はお目にかかることも少なくなってきましたが、
たまに、昔の治療に遭遇する事もあります。

アマルガム劣化をCR充填1.jpg

劣化したアマルガム銀合金を除去した後、歯科用硬質樹脂(コンポジットレジン)を充填します。
術前の写真で説明すると除去を希望する方が大多数です。
術後の写真をお見せすると白くきれいになった事に驚き、安心されます。

アマルガム劣化をCR充填2.jpg

アマルガム劣化をCR充填3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年7月26日

歯ぐきの傷は歯ブラシが原因


「歯ぐきが腫れて触ると痛いし食事にも障りがある。」
という主訴で来院されました。
この2枚の写真は別の方ですが、お話を聞いていると共通点がありました。
歯ブラシをしていたら血が出て歯ぐきが腫れている感じがしたので
しっかり磨いて治そうと思ったという事です。
その後も歯ブラシを当てると痛いにもかかわらず
痛いのは歯周病が原因と思いさらに頑張って磨いていました。
磨いても良くならずに痛みがひどくなって来院されました。

擦過傷
歯ブラシによる擦過傷です。
歯ブラシが原因で歯ぐきの表面を擦り過ぎたためにできた擦り傷です。
3~4日歯ブラシを止めると自然に治癒します。

歯ブラシによる傷1.jpg


歯ブラシによる擦り傷ができやすいのは
 ●古い歯ブラシから新しいのに変えて間もない時。
 ●慌てて磨いた時
 ●力加減が上手くできない時
などです。

歯ブラシによる傷2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年7月24日

上唇の小帯(すじ)が張っている


上唇から伸びたすじがあります。
このすじを小帯といいます。
通常はこの上唇小帯はくちびるの奥、上の方にあります。
そこから歯ぐきの上の方に伸びています。

上唇小帯強直症13,7-2.jpg

くちびるを引っ張ってみると小帯の大きさが良くわかります。
くちびるの先端から歯ぐきの下の方へ大きく伸びています。
小帯が原因なのか前歯の間にすき間があります。
このままでは、上くちびるの可動範囲が制限されて発音障害が生じる可能性があります。
治療法は麻酔下で切除します。
術後の痛みや出血、腫れなどはほとんどありません。

上唇小帯強直症13,7-3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年7月23日

舌癖による開口


上下の前歯どうしがかみ合っていません。
正常に発育すると自然にかみ合ってきます。
なんらかの原因でかみ合わないのです。
原因は様々ですが、この子の場合は舌癖が考えられます。

舌癖による開口、13,7-1.jpg

舌を前方に突き出す癖があり、上下の前歯に強い力を及ぼしています。
早いうちに舌癖を治す事で咬み合うようになります。
このまま放置しておくと骨格が固まってきて自然には治らなくなります。
矯正治療が必要になり、時間と費用がかかります。


舌癖による開口、13,7-2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年7月22日

前歯の先がギザギザしている その2


その1では典型的な発育葉(三つのお山)の前歯を見ていただきました。
その2では一般的なギザギザの発育葉を見ていただきます。

上の乳歯の前歯の先は磨耗して平らになっています。
下の萌出して間もない永久歯には発育葉のギザギザが見られます。
典型的な三つのお山ではありませんが 可愛いギザギザがあります。


発育葉その2ー1.jpg


上の乳歯が抜けて永久歯へと生え変わりました。
こちらにも可愛いギザギザの発育葉があります。
発育葉の形態は遺伝形式の違いにより個人差があり、まちまちです。


発育葉その2-2.jpg


上下の歯がかなり萌出してきました。
咬み合うようになると磨耗して発育葉は無くなります。


発育葉その2ー3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


2013年7月20日

前歯の先がギザギザしている


乳歯が抜けて永久歯へと生え変わりました。
乳歯は先が平らだったのに永久歯の先はギザギザしているので
心配して来院されました。
萌出して間もない永久歯の前歯はギザギザしているのが特徴です。

これは 発育葉というギザギザです。


発育葉.jpg

永久歯の卵が歯槽骨の中で健全に石灰化して、発育する過程でできるものなのです。
前歯の先は近心葉、中心葉、遠心葉の三つの発育葉から形成されます。
したがってお山が三つのチューリップのような形になります。

この発育葉は上下の前歯同士が咬み合い磨耗する事により擦り減ってなくなります。
心配はいりません。


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年7月19日

ひび割れて先端が欠けた上顎前歯


上顎の前歯です。
先端が欠けています。
詳細に観察すると細かいひび割れが無数に存在しているのがわかります。
外傷(交通事故や転倒)の既往歴は無いということであれば咬合力によるものです。
歯ぎしりは側方に噛みしめは垂直に咬合力が作用します。
上下の歯が勢い良くカチン・カチンと衝撃が加わるような咬み方はひび割れを助長しますので、
控えましょう。
歯質は加齢とともに硬く、脆くなります。
弾力が減少して欠けやすくなります。

上前歯・咬合力先端破折・ひび.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年7月17日

75才のがっちりした緊密な咬み合わせ その2 


右側の前歯の磨り減り具合が目立ちます。
裏側が透けて見えるほど薄く擦り減っています。
右下の前歯の形状が鋭く咬み合う歯を磨耗させています。


75才咬合緊密磨耗3.jpg


象牙質の一部分が虫歯で変色しています。
変色歯質を除去した後、歯科用硬質樹脂(コンポジットレジン)を充填します。


75才咬合緊密磨耗4.jpg


左右の色合い、透明感に違いは無くなりました。


75才咬合緊密磨耗5.jpg

裏側も同様にきれいになりました。
舌で触るとざらついていたのが無くなり滑らかになりました。
これからは定期検診で磨り減り具合をチェックしていきます。

75才咬合緊密磨耗6.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年7月16日

75才のがっちりした緊密な咬み合わせ


75才の男性です。
下顎の前歯が見えないくらい深く咬みこんでいます。
すき間が無くがっちりと緊密に咬合しています。
咬む力も相当強いのでしょう。
歯ぐきが盛り上がって膨らんでいます。
これはその直下の歯槽骨が強い咬合力を受けて隆起しているからです。


75才咬合緊密咬耗1.jpg

さらにその強い咬合力で下顎前歯が上顎前歯を突き上げます。
上顎前歯の裏側が磨耗して擦り減ってしまいました。
右側が特に擦り減っています。
下顎前歯の先端は研ぎ澄まされた刃物のようです。
前歯が6歳頃に生えてから約70年間の咬合の経過です。

75才咬合緊密磨耗2.jpg


痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら



2013年7月13日

詰めた金属の周りから新たな虫歯


下顎第一大臼歯です。
金属の詰め物の周囲が虫歯で欠けています。


インレー二次カリエス13,7ー1.jpg

詰め物を除去すると中はかなりの深さで虫歯が広がっていました。
罹患した歯質を除去した後、症状が出ないように薬剤を詰めます。


インレー二次カリエス13,7ー2.jpg

金属の詰め物は強度があり耐久性に優れています。
しかし見た目がよくありません。
銀色の金属がお口の中では黒く虫歯のように見えてしまいます。
セラミックでできたインレーは明るくてきれいな白さです。
治療痕が目立たなく自然な感じです。


インレー二次カリエス13,7ー3.jpg

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科/あき歯科医院のHPはこちら


Entries

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あき歯科医院 院長 秋政成 あき歯科医院
http://www.aki-dc.com
院長 秋政成

【経歴】
昭和33年8月生まれ
神奈川歯科大学卒業
昭和63年5月あき歯科医院開業

【所属】
日本歯科医師会会員
臨床歯科インプラント協会認証医
市立蟹ヶ谷保育園園医
神奈川県摂食・嚥下障害歯科医療相談医
神奈川県口腔癌検診医
川崎市歯周疾患検診実施医療機関