院長紹介・経歴

院長紹介・経歴

なぜ、1万人を超える患者さんの写真データを保存しているのか?

当院ではすぐに治療に入るのではなく、口腔内の写真を撮らせていただき、カウンセリングで患者さんの症状やライフスタイルなどをじっくり聞かせていただきます。

「なぜ口の中の写真をとるのですか?」こんな質問をよく患者さんから頂きます。その理由は、「百聞は一見に如かず」。私の好きな言葉なのですが、言葉で説明するよりも、ご自分の口内の写真を見ていただくほうが、患者さんにも現状を知っていただくことができます。お口の中の状態は自分ではわかっているつもりでも舌で触っている感覚や噛んでいる感覚など、感覚に頼っている部分が多いのです。

実際、ご自分の口の中を見ることのない患者さんの多くが、口内写真を見て驚かれます。こうして、患者さんがより治療に積極的になってくれることも少なくありません。

よく見ると、小さな虫歯がありました。

また、過去と現在の口の中の状態を、写真を使って客観的に把握することで、削る歯・削らない歯の判断ができたり、将来に渡っての歯の予測ができたりします。ここで重要な事はこの状態を良く説明しないまま削って詰めてしまう事なのです。

来院される患者さんの中には「以前通っていた歯医者でなんでもない歯を削られた、抜かれた」という方がおられます。言葉だけの説明の難しさを実感します。また虫歯の状態を良く知らないまま安易に治してしまうと歯ブラシが疎かになり再発しやすくなります。

10年前の写真です。

現在の写真です。
今ここに10年後の写真はありません。しかし過去の写真と現在の写真を通して10年後が見えてくるのです。定期的に写真を撮ることが将来の予測へとつながります。成長発育期の子供はお口の変化が著しいので一年ごとに撮影します。治療前と治療後も必ず撮影して定期健診に移行します。

たった一枚のお口の中の写真。実は、何よりも雄弁にお口の中の状況を語ってくれる重要なツールだということが分かって頂けましたか?患者さんのデータから教えてもらう事、学ぶ事が多いのです。

家族にとって過去の写真を収めたアルバムがなによりも貴重なように当医院でも長年の記録データが一番大切なものです。人は時が経つにつれ記憶が薄くなります。文章で残しただけの記録は内容が乏しいです。写真データが過去、現在、将来への貴重な指針となりうるのです。

治療後に撮った写真と比較しながら、「こんなにきれいになったんだ、ありがとう先生」と言われる時は、歯科医師としてうれしい瞬間。これからも、患者さんのホームドクターとして、安心して通える歯科医院を目指したいですね。

私が歯医者になった理由

小さい頃から、プラモデルやトランジスタラジオを作るのが得意で、機械を分解するのも好きでした。そうした性分もあったからか、細かい作業が要求される歯医者という仕事は自分に合っていたと思います。

そして、実はもうひとつきっかけがあります。歯科医師としては恥ずかしい話ですが、幼少の頃はよく虫歯になっていました。歯医者さんにある本棚いっぱいの本を全部読んでしまうほど、歯医者に通っていたことを覚えています。

私がこどもの頃は、押さえつけてでも治療するという歯医者も多かったので、歯医者が大嫌いでした。だからこそ、中学2年の頃、自分は「痛くなく、誰でも通いやすい歯科医院をつくろう」と決意したのです。

その時に決意したポリシーは今でも貫いています。痛くないことはもちろん、患者さんが何でも相談できて、信頼できる歯医者であること。絶対に高飛車にならないこと。患者さんに気持ちよく治療を受けて、帰っていただけることを心がけています。

そうしたこともあってか、当院に来る患者さんはそれを見て通院されるお子さんが多いですね。たとえお子さんでも、上手に治療をすることで、泣くことなく治療できています。また、おじいさん、おばあさんと3代にわたって家族ぐるみで来院される方が多いです。これからも、すべての方が安心して通える医院にしていきたいと思います。

昭和63年5月に開業して以来、多くの患者さんに支えられて今日まで来ました

至らぬ点もありながらも微力なりとも地域の皆様へ歯科医療を提供してまいりました。開業以来常に心がけた事は不安な気持ちで来院される方々にいかに安心して治療を受けていただけるかでした。快適な診療空間でアットホームな事はもちろん、なによりも安全、安心な事、衛生的で清潔な事、最新の治療技術の提供、心をこめた説明と対応です。

25年間の月日は自分自身を多少なりとも成長させてくれたかなと思います。それは現状の口腔内をみて治療することに精いっぱいだった昔に比べ今は病気を作った環境、生活習慣などの背後に抱えた問題も視野に入れて診察できるようになったことです。

最新の医療は日進月歩です。より良い歯科医療サービスが提供できますように常に学んでいきたいと思います。これまで以上に努力し、これからも来院される方々のお口の健康を第一に考えていきたいと思います。

プロフィール

あき歯科医院院長/秋政成

【経歴】
昭和33年8月生まれ
神奈川歯科大学卒業
昭和63年5月 あき歯科医院開業

【所属】
日本歯科医師会会員
臨床歯科インプラント協会認証医
市立蟹ヶ谷保育園園医
神奈川県摂食・嚥下障害歯科医療相談医
神奈川県口腔癌検診医
川崎市歯周疾患検診実施医療機関

●一人ひとりの患者さんに担当の歯科衛生士がつきます。

歯科医院に行く度に担当する衛生士や先生が違う。また同じことを話すのはめんどうくさい。知らない人では信頼できない。という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

当院では、担当衛生士・担当医制度をとっています。「担当衛生士制度」は、患者さん一人ひとりに担当のスタッフが付き、毎回同じスタッフが対応するというシステムです。

何度もお会いする中で、担当スタッフが患者さんのお口の微妙な変化、体調、ライフスタイルなどを知ることによって、安心できる治療をご提供できると考えています。

●万全の院内感染予防対策

外科手術も行う歯科医院では、清潔な院内環境が重要です。当院では、患者さんにいつでも快適に気持ちよく治療を受けていただくために、衛生面に細心の配慮をしています。

院内感染予防対策として、ディスポーザブル(使い捨て)製品を使用。滅菌可能な器具類は高圧蒸気滅菌器を用い、高温、高圧蒸気に耐えられない器具はガス滅菌器を使用して滅菌しています。

高圧蒸気滅菌器は、。お口に入れる全ての物を滅菌しているだけではなく、お顔に掛けるタオルまで滅菌パックしています。

ハンドピース、タービンヘッド(歯を削る機械)を患者さんごとに交換している歯科医院はまだまだ少ないのが現状です。当院では、切削機械 全てを滅菌しています。


「もし自分が治療される立場だったら・・」私達は常にこのことを考え治療にあたっています。

当たり前のことを当たり前に・・

院内感染を防止するため、タービンを始めとした、お口の中に入る全ての治療器具を患者様ごとに、小型高圧蒸気滅菌器「オートクレーブ」にかけて滅菌処理を施しています。 ある調査結果では、患者様ごとにタービンをオートクレーブにかけて滅菌している医院は約10%にすぎないという結果がでています。

タービンを滅菌するか、しないか その事が その医院の衛生状態、清潔さを計る指標です。

歯のアルバムをつくります

当院では治療の前後に、口腔内の写真を撮らせていただいております。実際にご自身の口腔内を見ていただくことで、患者さん自身に現状を把握していただくことができます。また、写真を残すことで、治療前後の歯の状態を目で確認できるのはもちろん、どの時期にどんな治療をおこなったかを残すことができます。さらに、どんなメンテナンスをすればよい状態の歯を残せるのか把握もできるため、今後の治療方針も立てやすくなります。

医者主導の治療ではなく、患者さんの目線で情報を共有し、患者さんにご納得いただいてから治療をおこなうことができるのが特徴です。

定期健診に力を入れています

当院では、「なるべく歯を削らず、残す」という治療方針でおこなっています。そのため、定期健診は特に重要と考えています。初期の虫歯に関しては、再石灰化で治癒できそうなものはあえて削らず、写真を元に経過を観察していきます。大事な歯を長期間使用するためにも、定期健診の重要性をお伝えしています。

抜歯即時インプラントをおこなっています

当院では、歯を抜くと同時にインプラントを埋入する治療法をおこなっています。腫れや痛みが少なく、通常2回おこなうべき手術を1回で済ませることができるというメリットがあります。

抜歯即時インプラントは、治療実績20年以上、年平均100本以上の治療をおこなっている、経験値の高い院長が担当いたします。今までの実績を活かし、患者さん一人ひとりのご要望や口腔環境にあわせた治療をおこないます。

詳細は「インプラントについて」をご確認ください

ひとりの患者さんにひとりの歯科衛生士がつく「担当制」を導入しています

当院では担当制度を導入しており、一人ひとりに担当がつき、毎回、同じ歯科衛生士が対応するシステムになっています。歯科医院に行く度に担当する衛生士や先生が違う。また同じことを話すのはめんどうくさい。知らない人では信頼できない。という方もいらっしゃるのではないでしょうか。何度も来院していただく中で、担当の患者さんの口腔内の状態や食生活、ライフスタイル、体調などを細かく知ることができるので、的確で安心できる治療とアドバイスができると考えています。

滅菌・掃除など、衛生面を徹底しています

万全の院内感染予防対策

外科手術も行う歯科医院では、清潔な院内環境が重要です。患者さんに快適に治療を受けていただくことはもちろんですが、感染症予防対策も徹底しています。院内感染予防対策として、ディスポーザブル(使い捨て)製品を使用。滅菌可能な器具は必ず、高圧蒸気滅菌器もしくはガス滅菌器を使用しています。また、タオル類、ハンドピース、タービン(歯を削る器械)などの使い回しはせず、患者さんごとに交換し、滅菌処理をおこなっています。院内の感染防止対策を徹底し、見えない部分もきっちりおこなうことで、安心していただける空間を作っています。

「もし自分が治療される立場だったら・・」私達は常にこのことを考え治療にあたっています。
当たり前のことを当たり前に・・
院内感染を防止するため、タービンを始めとした、お口の中に入る全ての治療器具を患者様ごとに、小型高圧蒸気滅菌器「オートクレーブ」にかけて滅菌処理を施しています。 ある調査結果では、患者様ごとにタービンをオートクレーブにかけて滅菌している医院は約10%にすぎないという結果がでています。
タービンを滅菌するか、しないか その事が その医院の衛生状態、清潔さを計る指標です。

院長紹介・経歴

なぜ、1万人を超える患者さんの写真データを保存しているのか?

高津区野川、宮前区にある「あき歯科医院」院長の秋 政成です。当院は、地域の皆さんに気軽に利用していただけるように、アットホームな雰囲気作りを心がけています。また、安心して治療を受けていただけるように、丁寧な説明と対応をおこなっています。

患者さんにベストな歯科治療ができるように、最新の情報と技術を取り入れつつ、常に学ぶことを大切にしています。歯のこと、お口の中のことで何か心配ごとがございましたら、些細な事でも構いませんのでお気軽にご相談ください。スタッフ一同、心を込めて対応させていただきます。

所属
日本歯科医師会会員
臨床歯科インプラント協会認証医
神奈川県摂食・嚥下障害歯科医療相談医
神奈川県口腔癌検診医
川崎市歯周疾患検診実施医療機関
横浜HAインプラント研究会
経歴
昭和33年8月生まれ
神奈川歯科大学卒業
昭和63年5月 あき歯科医院 開業
歯医者になった理由

私は幼い頃から、プラモデルを作ることや、分解して組み立てるといった細かい作業が好きでした。そんな手先の器用さもあり、細かい作業が必要とされる歯医者という職業は、自分にとって適職だと思っています。

実は、小さいころは虫歯が多く、歯では痛い思いをたくさんいたしておりました。私が子どものころは、押さえつけてでも治療するという歯医者も多く、「痛いのは当然」といった考え方が普通でした。その経験がきっかけとなり、「痛くない、みんなが通いやすい歯科医院を作りたい」と決意いたしました。

今でも決意した時と考えは同じで、痛くない治療をおこなうことはもちろんですが、「患者さんが相談しやすく、また信頼できる歯医者であること」「患者さんに気持ちよく治療を受けていただき、笑顔で帰っていただくこと」これらのことを心がけながら、患者さんに接しています。

医院紹介

医院名 あき歯科医院
診療科目 一般歯科、予防歯科、審美歯科、小児矯正
所在地 〒213-0027
神奈川県川崎市高津区野川3736
メゾンドールくぬぎ坂
最寄り駅 ・JR南武線・横須賀線・東急東横線「武蔵小杉駅」より「鷺沼」行きバス。「野川くぬぎ坂バス停」より徒歩1分
・JR南武線「武蔵新城駅」よりタクシーで約10分。武蔵新城駅からはバス路線なし
駐車場 5台あり

診療時間
10:00~13:00
14:30~19:00

休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、高津区野川、宮前区にあるあき歯科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 044-751-0118
    bottom_img.png
  • WEBからの予約はこちら 24時間WEB予約