トップへ » あき歯科の治療ポリシー » 顎関節症治療

【顎関節症】顎にトラブルを感じる方へ

顎関節症

「口を開くと顎が鳴る」「口を大きく開けない」「顎に痛みがある」こういった症状を慢性的に抱えている方は、顎関節症かもしれません。顎関節症とは、顎の慢性的な捻挫のようなものなのです。
捻挫とは運動許容範囲を越えた際に起きる関節や靭帯、軟骨などの怪我の事を言います。


顎関節症が悪化して、口が開かなくなった。という場合には、多くの方が歯科医院や病院に行きますが、「顎が痛い」などの軽い症状では我慢してしまう方も多いようです。「顎関節症かも?」と思われた方は、ぜひ一度、当院へお越しください。

<こんな方は顎関節症かもしれません>
●口を開けようとすると痛くて上手く開けられない
●急に口が開かなくなった
●顎の動きが悪い気がする
●顎を動かすとカクカク・コキコキ等の雑音がする
●耳の後ろや顎のえらの部分を押すと圧痛がある

顎間接

顎関節症の原因とは

顎関節症顎関節症とは、顎関節にその許容範囲を越えた過大な力(咬合力)が加わることによって生じる様々な症状の事をいいます。その原因を見つけることが顎関節症を治すポイントとなります。

<顎関節に過大な力が加わる原因>
・歯ぎしりや食いしばりが強い
(特に仕事など集中している時に食いしばる)
・夜、就寝時の食いしばり、歯ぎしりが強い
・顎に負担のかかることを長時間行っている
・食事の時にいつも同じ方の歯で噛んでいる
・うつぶせで寝ることが多い
・良く頬杖をついている
・ストレスを感じると奥歯に力が入りやすい

顎関節症の治療方法

顎関節症まずカウンセリングで顎関節症の原因を探し、取り除きます。顎関節症のほとんどは生活習慣病と言えるもので、ライフスタイルを変えることで多くの症状を軽減することができるのです。
咬み合わせが原因の場合もありますがこれは間接的なもので直接的な原因は顎関節への過大な力、これが全てです。よって顎関節へ加わる力を緩和させると症状は軽減します。
顎関節への過大な力は周囲組織の血流、リンパの流れを阻害して炎症を引き起こします。
炎症が進むと関節円盤(軟骨)の吸収、関節頭の変形などの器質的障害が起こります
開口障害、関節雑音の原因です。

顎関節症主な治療方法としては、患者さんの状態にもよりますが、急性期には鎮痛消炎剤の投与、慢性期ではマウスピースを使って治療していきます。膝や腰などの痛みと違って痛みの原因が自分では分かりづらい病気です。偏頭痛や耳鳴りが顎関節症を治した結果改善する事もあります。ストレスの多い現代社会の中で顎関節症の症状を訴える方が増えています。旧来の治療法は咬み合わせの調整(削ったり被せたりする)が主だったのですが、最新の治療法は「いかに脱力させて咬合力を顎関節に伝えないようにするのか」です。ぜひお気軽にカウンセリングへお越しください。

口が開かなくなったらすぐ受診を

顎関節症痛みや違和感が少ないケースでは、顎関節症をそのまま放置してしまう患者さんもいらっしゃいます。ですが、悪化しますと口が開かなくなってしまうこともある怖い病気です。

ケースにもよりますが、口が開きづらくなってから1カ月~2カ月放置してしまうと、手術が必要になることもあります。顎関節を構成する関節頭が吸収して変形する事も多くのケースで見られます。当院では、顎関節の症状が出た場合には、一度受診していただくことをお勧めしています。

顎間接

関連ページリンク

arrowあき歯科の治療ポリシー
一般歯科(虫歯治療)歯周病の治療予防歯科ホワイトニング
審美歯科小児矯正インプラント顎関節症治療
口臭治療症例集よくあるご質問料金表医療費控除

arrow院長紹介・経歴
院内ツアー・院内設備アクセス・診療時間プライバシーポリシー

インプラント・審美歯科・矯正歯科/無料カウンセリングを行っています

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » あき歯科の治療ポリシー » 顎関節症治療


コールバック予約