トップへ » あき歯科の治療ポリシー » 口臭治療

気になる口臭の原因とは?

口臭の原因

口臭の主な原因は、歯垢や舌苔です。そのため、口臭を防ぐには、まず口の中を清潔に保つことが大切になります。歯をみがくことはもちろん、特に舌をきれいにすることが大切です。

口臭の多くは、歯垢よりも舌の上やつけ根にたまった「舌苔」から発生しますので、歯みがきの後に、舌もみがくと効果的。この舌みがきは、いつも使っているハブラシでOKです。ただし、舌はとても傷つきやすいところ。ごく弱い力で、軽くかき出すように磨きましょう。

口臭は大きく4つに分類できます。

口臭生理的口臭
誰にもあるもので、通常はほとんど気になりません。ですが、朝起きたときや空腹時、緊張したときなどは、口の中に細菌が繁殖していたり、唾液の分泌量が少なかったりするので、一時的に口が臭うことがあります。

病的口臭
虫歯や歯周病など口の中の病気のほか、鼻の病気や胃などの内科的な病気なども原因になります。

飲食物や嗜好品による口臭
タバコや食品による一時的な口臭。にんにくやネギのような、においの強いものを食べたあとには、誰もが臭います。

心因性口臭
実際には他人には臭わないのに、自分だけが口臭があると思い込んでいるもの。

就寝前の歯みがきは、とくに念入りに

口臭朝、起きたときに口臭がするという人も多いのではないでしょうか。これは、夜眠っている間はだ液の分泌量が少なくなるため、細菌が繁殖しやすくなるからです。口の中がネバネバするのも、同じ原因です。

気になる方は、就寝前にしっかりと歯みがきをすることが大切。寝ている間の細菌の繁殖を防げるので、翌朝もお口の中がさわやかです。

口臭測定器 (ブレストロン)による口臭測定

口臭測定当院では、口臭を数値化できる口臭測定器(ブレストロン)を用いた口臭測定を行っています。簡単な検査で、客観的に口臭の強さを診断できますので、口臭が気になる方はお気軽にご相談ください。

また、測定結果をプリントアウトできますので、診断結果の保存も可能です。

口臭の測定法
1.センサが検知したVSCをppbの単位で濃度表示します。
2.本体の内蔵のプリンタにより、測定結果を印刷。
3.測定結果に応じて、ニオイの強さを4段階のランクに分けて表示します。
4.測定時間は45秒間。患者さんの負担が少ない検査です。
5.専用マウスピースの使用で、歯磨き剤や洗口剤のニオイのようなVSC以外のガスの影響を受けにくくなっています(マウスピースは測定毎に毎回新品と交換するため、衛生面も安心です) 。

口臭の治療法

口臭の治療法測定結果を受けまして、担当衛生士が改善法をお伝えします。

「病的口臭」の場合には、内科受診後に再度計測させていただきます。
「心因性口臭」の悩みは、定期的に計測することで確実に改善され、自信が持てるようになります。
「嗜好品による口臭」は、生活習慣を改善する生活指導を行わせていただきます。
「生理的口臭」は、定期的にお口のクリーニングを行うことで改善でき、爽やかな息を持続できます。

関連ページリンク

arrowあき歯科の治療ポリシー
一般歯科(虫歯治療)歯周病の治療予防歯科ホワイトニング
審美歯科小児矯正インプラント顎関節症治療
口臭治療症例集よくあるご質問料金表医療費控除

arrow院長紹介・経歴
院内ツアー・院内設備アクセス・診療時間プライバシーポリシー

インプラント・審美歯科・矯正歯科/無料カウンセリングを行っています

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » あき歯科の治療ポリシー » 口臭治療


コールバック予約