トップへ » あき歯科の治療ポリシー » 矯正 » お子さんの大事な歯を守る【小児矯正治療】

お子さんの大事な歯を守る【小児矯正治療】

小児矯正治療

最近、当院に通うお子さん達のお口の中を見て気になることは、顎の大きさ(成長発育)と歯並び(萌出の時期)がアンバランスなことです。乳歯のときはキレイな歯並びだったのに、永久歯の前歯が変な方向に生えてしまい、慌てて来院される方が多いようです。

下の前歯(永久歯)は六歳頃、上の前歯(永久歯)は七歳頃に生えかわり、小学校2~3年生頃に上下の前歯が噛み合うのが目安。この時期に異常が見つかれば、積極的に治療を行わせていただきます。

このページでは、当院の小児矯正についてご紹介します。

<こんな方には小児矯正をお勧めします>
●生えかわった永久歯の歯並びが気になるお子さん
●顎の成長が遅いため、永久歯がきれいに生えにくいお子さん
●お子さんの歯並びを守ってあげたいご家族

矯正


トップへ » あき歯科の治療ポリシー » 矯正 » お子さんの大事な歯を守る【小児矯正治療】


コールバック予約