医院ブログ

2013.02.22更新

舌小帯短縮症


舌の裏側の真ん中にすじがあります。
このすじを小帯といいます。
舌に付いているので舌小帯といいます。
生まれながらにしてこの舌小帯が短い場合があります。
これを舌小帯短縮症と呼びます。
発音障害が顕著な場合は切除術を行います。

 


舌小帯短縮症.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

最近のブログ記事

entryの検索

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、高津区野川、宮前区にあるあき歯科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 044-751-0118
    bottom_img.png
  • WEBからの予約はこちら 24時間WEB予約