医院ブログ

2015.05.17更新

未来治療。それは欠損部位をインプラントで補う治療です

 

60才の男性です。
多院で治療途中ながら当院に来院されました。
理由は現在治療中の歯とその手前の欠損をブリッジで補うと言われたからです。
ブリッジにするためには手前の健康な第一小臼歯を削る必要が生じます。
削らずにその歯を守るにはインプラントを選択するのが不可欠です。

 

小臼歯1歯欠損をインプラントで補う1 .jpg

 


その医院はインプラント治療を行っていなかったのです。
健康な歯を削らずに守るために当院のホームページを見て頂き来院されました。

 


小臼歯1歯欠損をインプラントで補う2.jpg

 

欠損部位にインプラントが埋入されています。
上部構造(クラウン)はネジ止め式にしました。
ネジ止め式なら外して点検可能なので安心です。

 

小臼歯1歯欠損をインプラントで補う3.jpg

 

ネジ穴は塞ぎますので見た目も咬み心地も問題なく使えます。

 

小臼歯1歯欠損をインプラントで補う4.jpg

 

既存の歯を削るマイナスの治療ではなく、欠損部位に新たに歯を構築するプラスの治療
を選択しましょう。
インプラントの歯が一本増えることにより既存の歯への負担ははるかに軽減されます。


小臼歯1歯欠損をインプラントで補う5.jpg

 

 

痛くない虫歯治療・インプラント治療・矯正は高津区・宮前区・野川の歯科・川崎市/あき歯科医院のHPはこちら

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

entryの検索

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、高津区野川、宮前区にあるあき歯科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 044-751-0118
    bottom_img.png
  • WEBからの予約はこちら 24時間WEB予約