医院ブログ

2013.11.24更新

過蓋咬合とは 

上の前歯が下の前歯に深くかぶさっているかみ合わせ

下顎が上顎に比べて小さい場合や、下顎がいつも後ろに下がっている場合に見られます。
咬み合わせがきゅうくつな感じがします。


過蓋咬合正面.jpg

 


過蓋咬合左.jpg

 

 

過蓋咬合右.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.11.16更新

歯列の狭窄と第二小臼歯の萌出スペース不足

 


歯列弓が左右に圧迫されています。
なぜこのような歯列になったのかわかりませんが予測としては
歯は頬と舌の間のスペースに萌出してきますので頬側の力が強く内側に押しつけられるように
なった可能性があります。
後から生えてくる第二小臼歯の放出スペースが不足して内側に生えてきたために狭窄が更に強調されてみえます。
第一大臼歯と第一小臼歯が萌出した後から生えてくる第二小臼歯には内側にしか萌出スペースがありません。

 

歯列弓の狭窄と第二小臼歯のスペース不足ー上.jpg

 

下顎も上顎と同様です。
第二小臼歯と前歯の放出スペースがあります。

乳歯から永久歯へ生え換わる時期に放出スペースを確保して適切な歯列に誘導することを

咬合誘導 といいます。

永久歯列になった今は咬合誘導はできません。
正常な咬合を得るためには上下左右の4本の第二小臼歯を抜歯して矯正治療をおこないます。
これから矯正治療を開始すると健全な歯並びになるのですが体、顎、咬合等にストレスが加わります。
咬合誘導は永久歯が萌出する生体が本来持っている力を利用するのでストレスが軽く理にかなった矯正方法です。

 

歯列弓の狭窄と第二小臼歯のスペース不足下.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、高津区野川、宮前区にあるあき歯科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 044-751-0118
    bottom_img.png
  • WEBからの予約はこちら 24時間WEB予約