医院ブログ

2013.12.06更新

下顎前歯のすき間を1回の治療で修復


50歳代後半の男性です。
以前から下顎前歯のすき間が気になっていました。
若い頃には矯正治療なども考えましたが、費用、治療期間その他を考慮して
結局はそのままです。
60歳に手が届きそうな今、矯正はせずにすき間を埋めてほしいという予てからの望みを
話されました。


下顎前歯隙間コンポジットレジン1.jpg

 

コンポジットレジン(歯科用硬質樹脂)で修復しました。
当日の1回きりの治療で終了です。
今後の経過をみないと何とも言えませんが、とりあえず望みは叶ったかな思います。

 

下顎前歯隙間コンポジットレジン2.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.11.27更新

下顎前歯が内側に凹んでいるのをセラミックで修復

 

60歳代女性の下顎前歯です。
真ん中2本が内側に凹んでいるのを長年気にしていました。
写真を撮ると前歯2本があたかも無いかのように黒く写るそうです。
会話も相手の視線が気になって、つい手で口元を隠してしまう事が多くなりました。

 


下顎前歯セラミックベニア、前.jpg

 

セラミックベニアという治療法を選択しました。
歯を削らずに表面のエナメル質にセラミックの薄いシェルを接着させる方法です。
歯を削らないという事が安心に繋がります。
型を採ってその後セットで2回で治療が終了します。
セラミックの透明感、白さが自然な美しさを表現します。

 

下顎前歯セラミックベニア、後.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.11.18更新

第一大臼歯の大きな虫歯をセラミックで修復

 


下顎第一大臼歯です。
大きな虫歯で歯冠が大きく崩壊しています。
幸いにも神経までは達しておらず神経を保存することができました。
欠損部分を充填剤で補い歯髄保護します。

 

大臼歯の大きな虫歯をセラミックで13,11-1.jpg

 

金属の修復に比べると自然な白さで美しいクラウンが入りました。
セラミックは無機質な素材でプラークが付着しにくいのも特徴の一つです。

 

大臼歯の大きな虫歯セラ13,11-2ミック.jpg

 

 

大臼歯の大きな虫歯をセラミック13,11-3.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.11.02更新

歯頚部の茶色い虫歯を白くきれいに修復


上顎前歯です。
歯頚部が虫歯で茶色く変色しています。
高齢者は唾液が出にくくなります。
唾液の流出量が減少するとエナメル質の再石灰化が妨げられて脱灰(虫歯)し易くなります。
結果、容易に歯ブラシが届く歯頚部も虫歯になります。

 

歯頚部虫歯をCR充填3-1.jpg

 

以前治療したレジン充填の周囲も脱灰して茶色い虫歯になっています。

 

歯頚部虫歯をCR充填3-2.jpg

 

虫歯で茶色い変色した歯質を除去します。
歯科用硬質レジン樹脂(コンポジットレジン)を充填します。
最近のコンポジットレジンは品質が改良されて、使い勝手も良く自然な修復が可能になりました。

 

歯頚部虫歯をCR充填3-3.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.11.01更新

穴の開いた古い金属冠を白いセラミック冠に修復

 

下顎の第二小臼歯に金属冠が被せてあります。
長年の使用で咬合面に穴が開いていて新しいクラウンを被せる事になりました。
金属の色合いが以前から気になっていたので、この機会に白い歯を希望されました。

 

古い金属冠を白いセラミック冠に1.jpg

 

セラミッククラウンの光沢、透明感、自然な白さに大満足です。

 

古い金属冠を白いセラミック冠に2.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.10.22更新

喫煙者の歯を望むように白くする事は大変


上顎全体像です。
喫煙者に良く見られるヤニの沈着があります。
奥歯に虫歯が何本かあります。


喫煙者は思うように白くはならない1.jpg

 

虫歯を治しました。
ヤニも取りました。
でも数日でヤニが沈着してきます。
喫煙習慣を克服しない限り歯を白くするのは難しいのです。

 

喫煙者は思うように白くはならない2.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.10.19更新

奥歯のブリッジをメタルからジルコニアに交換


奥歯を治療してかなりの年数が経過しています。
軟らかいものさえ上手く咬めないという事で来院されました。
ブリッジを支える歯が虫歯でぼろぼろに欠けています。


奥歯のブリッジをジルコニアに1.jpg

 

メタルブリッジを除去した後、ブリッジを支えられる歯は残しました。
支持できない歯は抜歯後インプラントに置換しました。
新しいブリッジは審美性および強度を考慮してジルコニアの材質を選択しました。

 

奥歯のブリッジをジルコニアに2.jpg

 

下顎も上顎と同様に左右のブリッジを除去しました。

 

奥歯のブリッジをジルコニアに3.jpg

 

ジルコニアブリッジが装着されました。
暗い金属色から明るい白いきれいなブリッジに様変わりです。

 

奥歯のブリッジをジルコニアに4.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.10.02更新

下顎前歯の先端欠損を即日修復


下顎前歯です。
ぶつけた拍子に先端が欠けてしまいました。
前歯の先端は薄いので意外と欠けやすいです。


下顎前歯先端破折2-1.jpg

 

良く見える部位なので極力目立たないように自然な感じに修復しました。
強度、耐急性は、欠ける前に比べると弱いので少し意識して咬んでもらうようにします。


下顎前歯先端破折2-2.jpg

 

 

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.09.21更新

全ての歯を白い美しい歯に再治療

 

お口の中にはこれまで治療してきた様々な物が詰まっています。
中には金属が変色、腐食して黒ずんでいる物さえあります。
長年の治療の積み重ねなのですが、術前の写真を撮影してお見せしたところ
愕然としていました。
直ちに全ての歯をきれいに白くしてほしいと訴えられました。

 

全ての歯を白くー術前下.jpg

 

 


約一年の治療期間で通院に大変でしたが、結果はこのように希望通り白く自然な感じの美しい歯になりました。

 

 

全ての歯を白くー術後下.jpg

 

 

 

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.09.14更新

歯の表面が茶色いのは何故


歯の表面、エナメル質が変色しています。
茶色で透明感がありません。
健康なエナメル質の表面は硬く滑らかで透明です。
この写真では第一小臼歯の一部が茶色く変色しています。

これは虫歯ではなく エナメル質形成不全 です。

エナメル質形成不全とは
歯の形成される過程で何らかの原因でエナメル質が完全に形成されずに一部分が変質した状態
をいいます。

  
エナメル質形成不全左上4-1.jpg


白く修復したい場合は茶色い部分を削って歯科用硬質樹脂(コンポジットレジン)を詰めます。


左上エナメル質形成不全2-1ー2.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

前へ 前へ

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、高津区野川、宮前区にあるあき歯科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 044-751-0118
    bottom_img.png
  • WEBからの予約はこちら 24時間WEB予約
  • お悩み何でも相談室