医院ブログ

2012.07.20更新

虫歯や歯の欠損による咬合崩壊をインプラントで治療 パート2


虫歯で前歯や奥歯が何本か欠損しています。
その結果歯並びが凸凹していて見た目が気になるとの事で来院されました。
入れ歯も煩わしいので外している事が多いとの事です。

 

虫歯欠損咬合崩壊インプラント治療前正面.jpg

 

前歯はセラミッククラウンを被せました。
奥歯はインプラントで咬合を回復しました。


虫歯欠損咬合崩壊インプラント治療後正面.jpg

 

入れ歯の煩わしさから開放されました。
何よりも健康的で何でも良く咬めます。
審美的にも十分満足されました。

3Mラヴァ-3.jpg

 

 

12-8-30-0.jpg

 

 

 

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2012.07.18更新

虫歯や歯の欠損による咬合崩壊をインプラントで治療


歯を失ってから今までの長期にわたり義歯を使用してきました。
義歯の不便さ、わずらわしさ、咬めない、上手く喋れない、見た目の不自然などの様々な困難を長い間 我慢してきました。
時間をかけて慎重に義歯を作ってみても満足のできる義歯は難しいのです。
それは義歯そのものが 取りはずすこと、 歯ぐきに負担、 残存歯にバネをかけるなどの構造的な問題があるためです。
 

上の前歯と奥歯が欠陥しています。


虫歯と欠損で咬合崩壊をインプラントで治療前上.jpg


下の奥歯が欠損しています。
このかみ合わせでは前歯の一部分でしか咬んでいません。
良く咬んで食べないと胃腸に負担がかかります。


虫歯欠損咬合崩壊インプラント治療前下.jpg

 

見た目の美しさ、自然な会話、食事の楽しさなどの様々な機能の回復ができました。


虫歯欠損咬合崩壊インプラント治療後上.jpg


大きなお口で笑っても大丈夫です。
義歯ではそうはいきません。
大切な人生を楽しく過ごせそうですね。


虫歯欠損咬合崩壊インプラント治療後下.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2012.07.03更新

前歯の欠損をインプラントできれいに白く美しく


インプラントの治療の利点は両隣の歯をそのままにしておける事です。
隣の歯が虫歯でもなくきれいな歯の場合に削ってブリッジにするのは気が引けます。
真ん中の歯(中切歯)と犬歯を削りたくないということでインプラントにしました。
側切歯がインプラントです。


左上2番スクリュウーリテイン1.jpg

 

インプラントがきれいに収まっています。

 

左上2番スクリュウーリテイン2.jpg

 


裏側からネジでとめます。
舌の触った感じはセメントで平滑にするので大丈夫です。
ネジどめの利点はプラーク(汚れ)が付着しにくいので歯ぐきに優しい事です。


左上2番スクリュウーリテイン3.jpg

 

定期的に検診することにより美しさと機能面の快適さを保ちます。


左上2番スクリュウーリテイン4.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、高津区野川、宮前区にあるあき歯科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 044-751-0118
    bottom_img.png
  • WEBからの予約はこちら 24時間WEB予約