医院ブログ

2013.06.26更新

ブリッジ再生不可能な状況


とてもきれいですね。
この状態を保つには、かなり気をつけてそして時間をかけてセルフケアをしている事でしょう。


ブリッジ再生不可能1.jpg


側面からみてもきれいに磨けているのがわかります。


ブリッジ再生不可能2.jpg

 

にもかかわらず、左下奥歯のブリッジが虫歯の再発で除去する事になりました。


ブリッジ再生不可能3.jpg


さらに、奥歯の第二大臼歯は今後治療結果が良くてもブリッジの支台としては不可能な状態になりそうです。
選択肢は義歯かインプラントです。


ブリッジ再生不可能4.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.06.25更新

左下の第一大臼歯欠損をインプラントで修復


左下の第一大臼歯が欠損しています。
良く見ると左右の第一小臼歯も欠損しています。
高校生の頃、矯正治療をしました。
矯正治療の必要性から第一小臼歯を抜歯しています。

 

左下6番スクリュウーインプラント1.jpg

 

既存の歯を大事にしたいので歯を削らずに、歯に負担をかけずに治療したいとの主訴がありました。
ブリッジは前後の歯を削ります。
義歯は前後の歯に負担をかけます。
残った方法はインプラント治療です。

 

左下6番スクリュウーインプラント2.jpg

 

希望する条件を満たした治療を行いました。
将来の事を考えてネジ止め式にしました。
メインテナンス優先です。
スクリューホールは白いセメントで仮封しますので日常生活には支障がありません。


左下6番スクリュウーインプラント3.jpg


自然な感じに仕上がりました。
咬み心地も、見た感じも、舌触り(舌感)も全てにおいて違和感なく満足できました。


左下6番スクリュウーインプラント4.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2013.06.08更新

虫歯で根っこだけ残った歯をインプラントで修復


上顎の奥歯です。
残根状態の歯は第一大臼歯です。
保存不可能で抜歯しました。
前後の歯はあまり丈夫でないのでブリッジには設計上無理があるという事を説明しました。

 

残根をインプラントに置換1.jpg


インプラントを埋入して三ヶ月経ちました。


残根をインプラントに置換2.jpg


セラミッククラウンをネジ止め式で設計しました。
最近はセラミッククラウンにネジ止め式を好んでいます。
理由はセラミックの美しさとネジ止め式のメインテナンスのしやすさです。


残根をインプラントに置換3.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、高津区野川、宮前区にあるあき歯科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 044-751-0118
    bottom_img.png
  • WEBからの予約はこちら 24時間WEB予約