医院ブログ

2012.12.25更新

上顎の左右のブリッジが同時に脱落  その3

 

左右のインプラントをチタンフレームで連結します。
5本連結するとかなり強固になり下顎の咬合力に対応できます。


スターゲイトフレーム.jpg

 

スクリューでとめます。
理由は
 これだけ大きなブリッジは将来必ずどこかにひずみが発生します。
結果
 修理が必要になります。
スクリューでねじ止めすることによって外して修理が可能になります。
 10年20年と長期間の使用を考えると修理を前提に設計する事は必要なのです。


スターゲイトBrスクリュウホール.jpg

 

普段はスクリューの穴はセメントで塞いでおきますので日常は気になりません。
定期検診の時にはブリッジごと外して状態を確認します。
外して内部を確認する事により些細な事がわかります。
良い状態を長く保つには大切な事なのです。


スターゲイトBrセット.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2012.12.22更新

上顎の左右ブリッジが同時に脱落

その1ではとりあえず入れ歯を入れました。
でも入れ歯では良く咬めないのです。


スターゲイトオペ前.jpg


右上に2本、左上に3本のインプラントを埋入します。
前歯2本(あまり丈夫でない)と奥歯が3本残っています。
本人の希望で残す事に決めました。
前歯を残す事はインプラントブリッジの設計を複雑にしますし耐久性も劣るので
今後の事を考えると抜きたかったのですが、、、、
しかしながら、2本の前歯を抜くことは本人の意思でできませんでした。


スターゲイト印象ポスト.jpg


左右別々のブリッジを入れると問題は解決しそうなのですが、、、
長期間の使用を考えると左右を連結にしたほうが頑丈になり持ちます。
下顎の咬合力を受け止めるのにはインプラント同士を連結してスクラムを組むのが良いのです。


スターゲイトユニバーサルアバット.jpg

 

 

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2012.12.10更新

右上ブリッジ破折をインプラントで修復

 

右上のブリッジが破折しました。
原因は左上の第2大臼歯が欠損しているために、左より右が咬みやすかったので、右にストレスが集中したためと考えられます。

 

右上ブリッジ破折インプラント1.jpg

 

第2小臼歯と第1大臼歯をインプラントで補いました。
通常 ブリッジが破折した場合その原因はブリッジを支えている歯の負担が大きすぎる事によるので同じ設計ならば再度破折してしまいます。
インプラントで補う事により咬合力に抵抗する安定感が生じます。
これで右側で咬んでも大丈夫です。

 

右上ブリッジ破折インプラント2.jpg

 

セラミックの白いクラウンで修復しました。
咬み心地も、見た目も満足していただきました。

 


右上ブリッジ破折インプラント3.jpg

 

 

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

2012.12.08更新

左下の奥歯2本をインプラントで修復


左側の上下は第2大臼歯がありません。

 

左下5番、6番インプラント1.jpg

 

欠損しているのですがあえて修復しません。
どうしても咬みづらいのでインプラントを入れたいと望むのなら一考しますが、
多くの方はこの状態で(第2大臼歯が無くても)十分に不自由なく咬んでいます。

 


左下5番、6番インプラント2.jpg

 

左側の下顎の奥2本はインプラントですが、
上記の理由で第2大臼歯の位置にはインプラントは埋入しませんでした。

 


左下5番、6番インプラント3.jpg

 


左下5番、6番インプラント4.jpg

投稿者: 医療法人社団あき歯科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、高津区野川、宮前区にあるあき歯科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 044-751-0118
    bottom_img.png
  • WEBからの予約はこちら 24時間WEB予約